現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2020年度(令和2年度) > 7月 > オンライン診療・オンライン服薬指導の実証実験を行います

更新日:2020年7月13日

ここから本文です。

オンライン診療・オンライン服薬指導の実証実験を行います

 このたび、仙台市、仙台市医師会、仙台市薬剤師会の3者共同で、診療から服薬指導までを全てオンラインで行った場合の「オンライン医療」の課題について検証する実証実験を行います。

 この実証実験では、実際にスマートフォンやタブレットを用いてオンライン診療や服薬指導を行いながら、オンライン医療を実施するにあたっての課題の洗い出しなどを行います。

 検証結果は、今後、東北地方において深刻化が予想される高齢化や医師不足等、医療に係る地域課題の解決に生かしていきます。

<実証実験のイメージ図>

医師とオンライン診療を行う。医師から処方箋を薬局に送付。薬剤師とオンライン服薬指導を行う。薬局から患者へ薬を送付。

実証実験の概要

(1)期間

 7月13日~令和3年3月31日

(2)地域

 仙台市域内

(3)対象

1.医師  8名(仙台市医師会による選出)
2.薬局  8カ所(仙台市薬剤師会による選出)
3.患者  医師1人当たり5~10名(参加医師をかかりつけ医にしている患者)
4.疾患  保険適用の対象となる疾患※

※保険適用の対象となる疾患
「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱い」(令和2年4月10日付厚生労働省医政局医事課、医薬・生活衛生局総務課事務連絡)により一時的に幅広い疾患について、保険適用が認められている。

(4)その他

1.オンライン診療・服薬指導の流れは、下記別添資料をご覧ください。

別添資料(PDF:623KB)
2.実証実験の前後に、医師、薬剤師、患者に対しアンケート調査を行い、有用性や効果等を検証します。

(5)問い合わせ先

まちづくり政策局プロジェクト推進課 

(電話)214-1254  (ファクス)214-8037

(Eメールアドレス)online-shinryou@city.sendai.jp

関連リンク

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえたオンライン診療について(外部サイトへリンク)
医療機関が電話やオンラインによる診療を行う場合の手順と留意事項(外部サイトへリンク)


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

まちづくり政策局プロジェクト推進課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1254

ファクス:022-214-8037