現在位置
トップページ>
よくある質問>
住まい>
市営住宅

よくある質問

平成21年4月1日更新

住まい

市営住宅

Q1 市営住宅は民間賃貸住宅とどのような違いがありますか?

市営住宅は、「住まい」に困っている仙台市民が低家賃で入居できる賃貸住宅です。家賃は入居者の収入に応じて決まります。入居する世帯の所得金額は、公営住宅法により定められた制限があります。市営住宅には、一般向け住宅に加えて、高齢者及び軽度身体障害者世帯向住宅、車いす住宅等があります。

Q2 市営住宅に入居するにはどのような条件がありますか?

市営住宅はその性質上、入居者は「住まい」に困っている仙台市民に限定しています。入居資格の主なものは次のとおりです。

1. 市内に居住しているか勤務先がある
2. 入居者全員の所得合計金額が一定の基準内である
3. 申込者(同居親族を含む)が暴力団員でない
※暴力団員とは「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」第2条6号に規定する暴力団員をいいます。なお、暴力団員であるか否かについて、宮城県警から意見聴取する場合があります。
4. 過去に市営住宅を不正に使用したことがない
5. 世帯の中に市町村民税・軽自動車税・固定資産税・都市計画税を滞納している人がいない
6. 申込者本人が成人または結婚している
※単身入居は昭和31年4月1日以前生まれの方、または、身体障害者手帳の交付を受けている1級から4級までの方や配偶者からの暴力被害者など、2人以上で同居の場合は、現在同居している親族または同居を予定している親族がいる方に限られます。
7. 子の結婚等による世帯分離を除き、現在公営住宅に入居していない

Q3 市営住宅は、いつ入居募集をしていますか?

市営住宅は、3月・6月・9月・12月の年4回、入居者の定期募集を行っています。募集時期には市政だよりなどでお知らせし、「入居募集のごあんない」を以下の場所で配布します。
配布場所:(財)仙台市建設公社・管理事務所(高砂、鶴ケ谷、四郎丸及び茂庭台)、市役所本庁舎1階市民のへや・7階市営住宅課、各区役所・総合支所、各証明発行センター、各区中央市民センター、宮城県建築住宅センター
入居募集の申込みは、「入居募集のごあんない」に同封されている「仙台市営住宅入居申込書」の郵送により受け付けます。

Q4 市営住宅の入居は、どのようにして決めるのですか?また、どのような場合に優遇が受けられますか?

市営住宅の入居者は申し込みにより決定しますが、申し込みが多数の場合は抽選により選考しています。抽選の際は、高齢者、障害者、配偶者からの暴力被害者などや年4回の定期募集のうち、3回以上落選した方(世帯)には、当選の確率が高くなるよう優遇しています。

Q5 市営住宅の生活で守らなければならないルールを教えてください。

市営住宅は、多数の世帯が同じ住宅団地内で共同生活しています。周囲の入居者同士がお互いに快適に生活するためにも、当然守るべきルールがあることを理解し、厳守してください。
1. 市営住宅での円満な共同生活を乱す迷惑行為をしない。
2. 犬、ネコ、鳥、魚などのペットの飼育をしない。
※ 盲導犬、介助犬及び聴導犬は認めています。
3. 定められた駐車場以外への迷惑駐車は絶対にしない。
市営住宅での生活を快適に維持するためには、入居者の皆さんがお互いに協力しなければならないことがたくさんあります。また、お互いが他人の立場をわきまえた節度ある生活が欠かせません。
市営住宅への入居についての詳細は、
(財)仙台市建設公社募集収納課(電話214-3604)までお問い合わせください。

 もっと詳しく! 公的賃貸住宅のページへ

担当課: 都市整備局 市営住宅課
電話 214-8331 Eメールアドレス tos009310@city.sendai.jp

このページのトップへ戻る