更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

その他産学連携の取組

産学官連携ラウンドテーブル

概要

東北経済連合会、東北大学、宮城県および仙台市の4者のトップが一堂に会し、地域経済や産業の発展・活性化に向けた情報交換や合意形成の場として平成15年より開催している会議です。合意内容を実効的なものとするため、4者で協力・連携に関する「地域産業経済の成長に向けた基本合意書(平成17年4月)」を締結しています。

経過

ラウンドテーブルの経過と主な合意事項

開催日

主な合意事項

平成15年12月1日

産学官連携ファンドの組成

東北大学との人事交流の推進

平成16年11月25日

MEMSパークコンソーシアムの設立

平成17年4月12日

東北大学連携型企業家育成施設の誘致

平成18年1月17日

東北大学サイエンスパーク構想の推進

自動車産業の集積、研究施設の誘致

平成19年1月18日

産業人材の育成体制整備

第2期知的クラスター創成事業の誘致

平成20年1月23日

誘致企業と地域との連携

大型研究開発プロジェクトへの協力

平成21年1月20日

第4期科学技術基本計画への提言に向けた検討

産業集積に向けた企業誘致・取引拡大等

東北大学サイエンスパーク構想の推進

平成22年2月2日

研究開発型企業の誘致及び誘致企業との連携強化

クリーンエネルギー産業の集積促進

海外等からの知的人材の定着促進策の検討と実施

平成23年11月18日

東日本大震災からの産業復興に向けた産学官共同宣言

みやぎ復興パーク等の産学官プロジェクトの活動拠点整備

次世代自動車イノベーション特区等の震災復興特区への取り組み

国際リニアコライダー(ILC)等の国際的な研究開発プロジェクトの誘致

藻類バイオマス構想等の次世代環境エネルギー研究開発プロジェクトの推進

災害対策・危機対応に関する教育研究機能・施設の充実

国際会議誘致等による海外との交流人口拡大に向けた取り組みの強化

平成25年4月25日

国際リニアコライダー(ILC)等の国際的な研究開発プロジェクトの誘致

国連防災世界会議の誘致

地域ベンチャーファンドへの出資

概要

仙台市と公益財団法人仙台市産業振興事業団は、地域における大学発ベンチャー企業などの創出と育成を図るため、現在2つのベンチャーファンドへ総額2億円の出資を行っています。専門的な知識を持つベンチャーキャピタルが、これら2つのファンドを運営し、ベンチャー企業への経営面での指導・投資などのハンズオン支援を行っています。

東北グロース投資事業有限責任組合(東北グロースファンド)

  • 組合設立年月日:平成18年8月31日
  • 投資対象:技術的イノベーションないしはビジネスモデルのイノベーションにより急成長が期待できる、ベンチャー企業および第2創業を行う既存企業で、主に新潟県を含む東北7県に事業拠点を有する未公開株式会社等
  • ファンド総額:35.8億円
  • 本市出資額:1憶円
  • 運営管理:東北イノベーションキャピタル株式会社(TICC)

TICC大学連携ファンドについて

  • 組合設立年月日:平成19年6月22日
  • 投資対象:東北大学を中心とする大学・研究機関等の研究成果を活用する未公開株式会社など
  • ファンド総額:10.11億円
  • 本市出資額:1億円
  • 運営管理:東北イノベーションキャピタル株式会社(TICC)

お問い合わせ

経済局産業振興課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

電話番号:022-214-8278

ファクス:022-214-8321