現在位置
トップページ>
記者発表資料 2013年度(平成25年度)>
地下鉄東西線の正式な駅名が決まりました

記者発表資料

(担当)交通局東西線建設本部管理課
(電話)022-712-8352

地下鉄東西線の正式な駅名が決まりました

平成25年12月24日

外部委員で構成する仙台市地下鉄東西線駅名検討委員会からの提言、市民意見募集の結果、地域団体などからの要望・意見を踏まえ、地下鉄東西線の正式な駅名を決定しました。

 

1 正式駅名

各駅の正式駅名と決定理由は以下のとおりです。

正式駅名と決定理由

仮称駅名

正式駅名

決定理由

動物公園

八木山動物公園

市民意見募集で多数寄せられた「八木山動物公園」は、駅名としてはやや長いという意見もあるが、仮称駅名に地名の「八木山」をつけることによって、駅の所在地をより特定しやすくなることから、市内外から多くの観光客を誘致する上でも有効であることも考慮し、「八木山動物公園」とする。

青葉山

青葉山

駅周辺の地域性や駅位置を考慮し、仮称駅名どおり「青葉山」とする。

川内

川内

駅周辺の地域性や駅位置を考慮し、仮称駅名どおり「川内」とする。

国際センター

国際センター

国際センターは、国際会議場や一般市民向けの国際交流施設を備え、開館22年を迎えた現在では、駅周辺を代表する施設として知名度が高い。また、仙台市は平成6年には国際会議観光都市にも指定され、今後、本市が更なる国際都市を目指す上での象徴となる施設でもある。
よって、駅周辺における国際センターの位置付けを重視し、仮称駅名どおり「国際センター」とする。

西公園

大町西公園

西公園は市民への知名度が高く、駅が公園内にも立地することをも考慮すれば、駅名に「西公園」を用いることは適切であると考える。更に駅周辺の地名を用いて来訪者へ駅の所在地をより分かりやすく案内することや、今後の街の発展を願う地域からの要望も考慮し、「大町西公園」とする。

一番町

青葉通一番町

都心部の中心商業地である駅周辺の一番町の市民の知名度が高いことを考慮すれば、駅名に「一番町」を用いることは適切であると考える。更に駅が都心の目抜き通りの青葉通に設置されること、駅の所在地を市内外からの利用者により分かりやすく案内することが望ましいと考えられることから、「青葉通一番町」とする。

仙台

仙台

地下鉄南北線やJR線との位置関係も考慮すると同じ駅名が望ましいため、仮称駅名どおり「仙台」とする。

新寺

宮城野通

駅周辺地域は、仙台市東部の主要幹線道路であり、景観地区としても指定されている宮城野通に近接しており、この通名を地域発展の象徴とし、駅名としたいと願う地域からの要望も考慮し、「宮城野通」とする。

連坊

連坊

駅周辺の地域性や駅位置を考慮し、仮称駅名どおり「連坊」とする。

薬師堂

薬師堂

駅の近隣には、国指定の重要文化財である薬師堂が存在し、駅の所在地を特定することが比較的容易でもあることから、仮称駅名どおり「薬師堂」とする。

卸町

卸町

駅周辺の卸町地区は、今後の街づくりを展望し、地域の代表としてふさわしいことなどを考慮し、仮称駅名どおり「卸町」とする。(表記については、住居表示においても用いられ、日常的に浸透している漢字とする。)

六丁の目

六丁の目

駅周辺の地域性や駅位置を考慮し、仮称駅名どおり「六丁の目」とする。

荒井

荒井

駅周辺の地域性や駅位置を考慮し、仮称駅名どおり「荒井」とする。

 

2 副駅名

駅名検討委員会からの提言等を考慮し、駅名標等に併記する副駅名を採用することとし、以下のとおり決定しました。 

正式駅名に対応する副駅名

正式駅名

副駅名

 青葉山

 東北大学青葉山キャンパス前

 川内

 東北大学川内キャンパス前

 国際センター

 仙台城跡入口

 連坊

 仙台一高前

(参考:勾当台公園という駅名の下に、やや小さく「県庁 市役所前」と表示)

副駅名参考 

 

3 これまでの経過

平成25年4月     仙台市地下鉄東西線駅名検討委員会設置(6、7、10、11月開催)
              7月~8月  市民意見募集
            12月      駅名検討委員会から提言

このページのトップへ戻る