現在位置
トップページ>
記者発表資料 2015年度(平成27年度)>
せんだい環境学習館「たまきさんサロン」が開館します

記者発表資料

(担当)環境局環境共生課
(電話)022-214-0007

せんだい環境学習館「たまきさんサロン」が開館します

環境を「感じる・学ぶ・実践する」

平成28年3月1日

  環境問題の解決には、私たち人間が地球環境へ負荷をかけていることに気づき、一人一人が環境を考えたくらしを実践する必要があります。自由に集い、学び合いながら、環境について考える交流の環(わ)を広げることを目的に、昨年8月より休館していた環境学習コーナー「環境交流サロン」をリニューアルし、東北大学青葉山新キャンパス内に、せんだい環境学習館「たまきさんサロン※」を開館します。つきましては、開所式と記念イベントを開催します。

1 開所式 (東北大学大学院環境科学研究科本館の開所式と同時開催)

(1)日時

4月5日(火曜日)午後1時15分から2時15分

(2)会場

本館1階展示スペース

(3)内容

  • テープカット(本館エントランスで実施)
  • あいさつ
  • 施設概要説明

(4)出席者

東北大学総長 里見 進氏
東北大学大学院環境科学研究科長 吉岡 敏明氏
市長

2 開所記念イベント

(1)記念講演会&トークセッション

  • 時間
    午後2時30分から3時45分
  • 会場
    2階大講義室
  • 内容
    伊坂幸太郎作品の映画化で知られる中村義洋監督と、「心豊かな暮しのかたち」を研究する東北大学名誉教授 石田秀輝氏による講演と対談。お二人に共通する「採話(さいわ)」手法をキーに、環境と映画作り・研究の関わりを解説します。
  • 定員
    90名(抽選)

(2)たまきさんサロン座談会

  • 時間
    午後4時から5時
  • 会場
    1階たまきさんサロン
  • 内容
    トークセッション出演のお二人と直接話し合う座談会。地域性、伝統、コミュニティーの読み解きから、くらしのベースである環境の大切さを考えます。
  • 定員
    20名(抽選。記念講演会への出席者に限る)

(3)申し込み方法

往復はがきに代表者の氏名、住所、連絡先と参加人数、座談会希望の場合はその旨を記入し、3月16日(必着)までに郵送してください。
あて先 〒980-8671 青葉区二日町6-12 MSビル二日町5階 仙台市環境共生課

3 施設概要

(1)所在地

青葉区荒巻字青葉468-1(東北大学青葉山新キャンパス内)
東北大学大学院環境科学研究科本館1階

(2)利用開始日

4月6日(水曜日)

(3)開館時間

  • 平日(月曜日を除く)午前10時から午後8時30分
  • 土曜・日曜・祝日  午前10時から午後5時
  • 休館日 月曜(月曜が休日の場合はその翌日)、祝日の翌日、年末年始

(4)特徴

  • サロン講座の実施
    環境について、自然科学や工学技術、歴史、民俗学、食文化など、さまざまな角度から学ぶことのできる講座を定期的に実施します。
  • セミナーや交流の場の提供
    自由に利用できるサロンスペースと、講座や勉強会用に予約可能なセミナースペースは、自然素材の快適性を感じられる宮城県産材を多用した空間となっています。
  • 資料や情報の提供
    環境に関する図書(一般書・専門書)と雑誌約2千冊を所蔵。資料の閲覧や貸し出し、最新の体験型環境学習教材の体験ができます。また、環境に関する相談への対応や情報の発信を行います。


※たまきさんサロン
   仙台市環境ウェブサイト「たまきさん」は、架空のキャラクター「環境大好き たまきさん」が発信する生活者目線のブログと各種参加型企画により、多くの人を環境配慮意識に導くことを目的に運営。環境に興味を持ち、学び、行動を起こす人が「たまきさん」であるというコンセプトのもと、せんだい環境学習館を「たまきさん仲間」を増やす場と位置づけ、実践につながる各種啓発企画を展開する
仙台市環境ウェブサイト「たまきさん」はこちら(別ウィンドウで開きます)

    

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてください。

このページのトップへ戻る