現在位置ホーム > 市政情報 > 職員 > 職員の給与など勤務条件に関する交渉結果(概要) > 職員の給与等勤務条件に関する交渉結果(概要)の公表(平成28年6月)

更新日:2016年10月21日

ここから本文です。

職員の給与等勤務条件に関する交渉結果(概要)の公表(平成28年6月)

平成28年度の職員の給与等勤務条件に関する職員団体等との交渉結果(概要)についてお知らせいたします。

平成28年6月6日に行われた仙台市労働組合連合会(仙台市職員労働組合,仙台市立高等学校教職員組合,仙台市立学校職員労働組合,全水道仙台水道労働組合,仙台市交通労働組合,仙台市ガス労働組合,仙台市立病院労働組合の7つの組合(各単組)で構成された連合体)との妥結概要は,次のとおりです。

市労連からの要求内容及び妥結概要

市労連からの要求内容

妥結概要

一時金について

  • 成績率の導入や拡大を行わず,年間5.0月(現行:年間4.2月)以上とし,あわせて加算措置の改善を図ること。
  • 基準日主義を止めて,勤務実績に基づき支給すること。
  • 役職者加算についてはその原資を全職員に平等に配分すること。当面,3級在級5年以上の職員は,全て7.5%とすること。
  • 夏期の期末・勤勉手当(ボーナス)については,現行条例の定め(基準日である6月1日在職者に対して2.025月分を支給する。)に従い6月30日に支給する。

夏期錬成休暇を10日間とすること。当面,特別休暇として5日間を制度化すること。

  • 5日(交通局職員については4日)とする。

その他諸休暇の改善を図ること。

  • 冬期錬成休暇5日間(無し)
  • 妊娠障害休暇14日(5日)
  • 出産補助休暇7日間(第1子2日,第2子以降4日)
  • 育児時間の改善
  • 配偶者同行休業制度の新設
  • 短期介護休暇の日数増(5日,要介護者が2人以上の場合は10日)
  • 配偶者の兄弟姉妹の配偶者に対する忌引き2日(無し)

など

※()内は現行の規定日数。

  • 現行制度どおりとする。

 

過去の情報はこちら

お問い合わせ

総務局労務課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1217

ファクス:022-214-0014