現在位置
トップページ>
広報・広聴>
仙台市ウェブアクセシビリティ方針

仙台市ウェブアクセシビリティ方針

平成26年4月30日

ウェブアクセシビリティとは

 ウェブアクセシビリティとは、高齢者や障害者といった、ホームページ等の利用になんらかの制約があったり利用に不慣れな人々を含めて、誰もがホームページ等で提供される情報や機能を支障なく利用できることを意味します。(総務省「みんなの公共サイト運用モデル(2010年度改定版)より」)
ウェブアクセシビリティに関する日本工業規格JIS X 8341-3:2010(以下、JISと記載)が平成22年に改正公示され、平成23年に改定された総務省「みんなの公共サイト運用モデル(2010年度改定版)」により、地方公共団体等の公的機関に対しJISに対応したホームページとするための取組みが求められています。

仙台市の取り組み

  仙台市ホームページでは、高齢の方、障害のある方を含めて、ホームページを利用されるあらゆる方に快適にご利用いただけるよう、アクセシビリティに配慮したウェブコンテンツ作製に努めています。

 ウェブアクセシビリティ方針(今後の目標)

1.対象範囲

  仙台市ホームページ(http://www.city.sendai.jp/)のうち、CMS(コンテンツマネジメントシステム)のテンプレート機能を用いたウェブページ*を対象とします。
*表題、本文、添付ファイル、関連リンク、お問い合わせのテンプレートを用いて構成されたページ

(一例)表題・見出し、添付ファイル、関連リンク、お問い合わせの入ったページ

  

2.対象範囲から除くもの

 以下の項目については、ウェブアクセシビリティ方針(今後の目標)から除外しますが、今後、達成時期、達成手法等について検討を行います。

  • 仙台市が公開している上記以外のホームページ
  • ページに添付している動画ファイル(拡張子が.rm、.wmvのもの)
  • ページに添付している音声ファイル(拡張子が.mp3のもの)
  • ページに添付しているPDFファイル(拡張子が.pdfのもの)

3.目標とする達成等級

 JIS X 8341-3:2010の等級AA※に準拠

※JISにはA、AA、AAAの3つの等級があります。等級A、及びAAのすべての達成基準を満たした場合に「等級AAに準拠」と言います。この表記方法は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2010 対応度表記ガイドライン 第1版 - 2010年8月20日」で定められた表記によるものです。
 なお、等級Aは最低限の等級と位置付けられており、公的機関は「等級AAに準拠」することが推奨されています。

4.目標を達成する期限

 平成28年度末まで

 

 

このページのトップへ戻る