現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2019年度(令和元年度) > 11月 > 第71回文化財展「平成の発掘調査」-まちのうつりかわりとともに-を開催します

更新日:2019年11月14日

ここから本文です。

第71回文化財展「平成の発掘調査」-まちのうつりかわりとともに-を開催します

 仙台市内には約780の遺跡があり、市教育委員会では平成の30年間で約1800件の発掘調査を行ってきました。

このたび、「平成の発掘調査-まちのうつりかわりとともに-」と題し、市の発展と発掘調査との関わりをテーマとした展示会を開催します。展示会では、平成時代に発掘調査を行った中在家南遺跡、高柳遺跡、原遺跡、郡山遺跡、洞ノ口遺跡、仙台城跡、若林城跡など、16遺跡から出土した実物資料や、解説パネルにより遺跡や文化財を紹介します。

また最終日には、平成の時代を振り返り、この30年間の発掘成果と、そしてその場所がどのように移り変わっているのかについて、講演も行います。

開催期間

令和元年11月20日(水曜日)から令和元年11月24日(日曜日)まで10時から18時

会場

せんだいメディアテーク1階 オープンスクエア(青葉区春日町2-1)

※事前申し込み不要、入場無料

記念講演会

  • 日時:11月24日(日曜日)13時00分から15時00分
  • 講師:文化財課長
  • 演題:「まちのうつりかわりとともに-仙台と遺跡発掘調査-」
  • 定員:100名※先着順。直接会場にお越しください

高柳遺跡発掘調査のようす<高柳遺跡の発掘調査のようす>

原遺跡出土のさまざまな埴輪<原遺跡出土のさまざまな埴輪>

仙台城跡出土の金箔瓦<仙台城跡から出土した金箔瓦>

昨年度の様子<昨年度の展示のようす>

第71回文化財展チラシ

第71回文化財展ポスター

お問い合わせ

教育局文化財課

仙台市青葉区上杉1-5-12 上杉分庁舎10階

電話番号:022-214-8893

(内線720-4443)

ファクス:022-214-8399