現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2019年度(令和元年度) > 9月 > 史跡陸奥国分寺・尼寺跡ガイダンス施設が入館者3万人を達成しました

更新日:2019年9月3日

ここから本文です。

史跡陸奥国分寺・尼寺跡ガイダンス施設が入館者3万人を達成しました

 史跡陸奥国分寺・尼寺跡ガイダンス施設は平成29年7月28日に開館した施設で、国分寺と国分尼寺の創建や平安時代に起きた貞観地震からの復興の歴史等を、パネルや発掘調査の出土品を展示してわかりやすく紹介しています。

 開館から2年が経過し、このたび入館者数の累計が3万人に達しました。これを記念して、3万人目の入館者に記念品を贈呈しました。当日は、施設の解説ガイドを行っている「陸奥国分寺薬師堂ガイドボランティア会」の方々も参加し、3万人達成をお祝いしました。

達成日時 

9月2日(月曜日)13時30分頃

場所

史跡陸奥国分寺・尼寺跡ガイダンス施設(若林区木ノ下2丁目5番1号)

3万人目の来館者について

  • 来館者

山梨県の今村照廣(いまむら・てるひろ)さんご夫婦

  • 来館理由

山梨県から松尾芭蕉ゆかりの地を訪ね、友人ご夫婦と4人で仙台へ。史跡陸奥国分寺・尼寺跡ガイダンス施設へは、赤い天平廻廊の外観が気になって入館した、とのこと。

  • 今村さんのコメント

「広くて廻廊が印象的な良い施設ですね。なかなか来られるところではないので、一生の記念になりました。」

  • 記念品

仙台市の文化財に関する冊子、DVDなど

3万人目の来館者となった今村さんご夫婦と友人ご夫婦<3万人目の来館者となった今村さんご夫婦(左)と友人ご夫婦>

記念品贈呈の様子<記念品贈呈の様子>

史跡陸奥国分寺・尼寺跡ガイダンス施設について(文化財課ホームページ)

 

お問い合わせ

教育局文化財課

仙台市青葉区上杉1-5-12 上杉分庁舎10階

電話番号:022-214-8893

(内線720-4443)

ファクス:022-214-8399