現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 経済・産業 > 産学連携・新産業創出の取組み > 産学連携の推進 > IT産業エコシステム構築事業事務局の受託者を募集します

更新日:2018年7月12日

ここから本文です。

IT産業エコシステム構築事業事務局の受託者を募集します

仙台市では、下記の委託事業を実施するにあたり、受託を希望する事業者を募集します。

1 業務の名称

仙台市IT産業エコシステム構築事業事務局業務

2 業務の目的

本業務は、IT産業集積に関する国内外の都市間競争において本市の優位性を確保すべく、仙台市内のIT企業が先端IT技術を活用した新たな製品・サービスを生み出すとともに、市内IT企業と地域産業や大企業等との新規協業や市外IT企業の新規進出といった動きが次々と生み出されるエコシステムを構築することを目的に、市内IT企業と地域産業や大企業等との共創による事業創出の促進及び先端IT技術に知見・ノウハウを有するIT人材の確保・育成に向けた支援を「仙台市IT産業エコシステム構築事業」として一体的に実施するものです。

3 主な業務内容

主な業務の内容は以下のとおりです(詳細は別紙仕様書案のとおり)。

(1)「仙台市IT産業エコシステム構築事業」全体の設計・管理等

  • 事業全体のコンセプト設計
  • 事業全体の管理
  • 事業全体のプロモーション施策の実施

(2)各イベント等の企画・運営等

  • 事業共創プログラムの企画・運営
  • 首都圏等のIT人材向けイベントの企画・運営
  • 仙台市内のIT人材向けイベントの企画・運営
  • 広報・集客施策の実施
  • アンケートの実施

4 応募資格

応募の資格者は、次の要件をすべて満たす者とします。

(1)委託事業の目的を的確に遂行するに足りる能力を有するものであること。

(2)事業共創のためのプログラム及びIT人材を対象としたイベントについて、企画、集客及び運営に係る十分な実績・経験を有するものであること。

(3)事業共創に関心の高い企業について十分な情報・ネットワークを有するとともに、事業共創に関して豊富な知見・ノウハウを持つ専門家とネットワークを有するものであること。

(4)首都圏等に在住するIT人材について十分な情報を有するとともに、IT人材に対して発信力・影響力のあるテクノロジーの専門家とネットワークを有するものであること。

(5)効果的な情報発信のノウハウ及びネットワークを有するものであること。

(6)宗教活動や政治活動を主たる目的とする団体、暴力団若しくは暴力団員の統制の下にある団体でないこと。

(7)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しないこと。

(8)仙台市税、消費税及び地方消費税を滞納していないこと(または、現在の主たる事業所所在市町村の市町村税を滞納していないこと)。

(9)受付期限内に、仙台市の「有資格者に対する指名停止に関する要綱」第2条第1項の規定による指名停止を受けていないこと。

(10)総勘定元帳及び現金出納簿等の会計関係書類を整備していること。

(11)労働者名簿、出勤簿、賃金台帳等の労働関係書類を整備していること。

5 公募期間

平成30年7月6日(金曜日)から平成30年7月20日(金曜日)

6 スケジュール(予定)

 平成30年7月13日(金曜日) 質問票の提出期限

 平成30年7月20日(金曜日) 提案書等の提出期限

 平成30年7月27日(金曜日) 審査、委託先の決定、業務委託契約締結

 平成30年7月下旬      業務開始

 平成31年3月29日(金曜日) 業務終了 

7 提出書類等

募集要領(PDF:324KB)

(様式1)質問票(ワード:31KB)

(様式2)応募申込書(ワード:33KB)

仕様書案(PDF:250KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

経済局産業振興課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

電話番号:022-214-8263

ファクス:022-214-8321