更新日:2018年8月24日

ここから本文です。

ふぐ取扱者講習会

平成30年度 ふぐ取扱者講習会の実施について

仙台市内において「ふぐ」を取扱うには、講習会の受講が必要です。
仙台市では宮城県と合同で2年に1回、講習会を開催しています。

なお、宮城県でふぐを取り扱う場合(営業施設等が宮城県にある場合)には、宮城県食と暮らしの安全推進課(電話:022-211-2644)又は宮城県保健所・支所にご確認ください。

宮城県ホームページ「ふぐ取扱者講習会の開催について」(外部サイトへリンク)

 

開催日時

平成30年11月9日(金曜日) 午前10時から午後3時まで(予定)
※受講取扱者区分によって講習時間が異なります。
受講者決定後(10月下旬)、受講者あてに郵送する文書をご確認ください。

講習会会場

エルパーク仙台(仙台市青葉区一番町4-11-1 仙台三越定禅寺通り館5階)

講習内容

  1. 衛生講習(受講者全員受講)
    ふぐの取扱いに関する指導要綱の説明及びふぐの衛生講習
  2. 実技講習(受講区分が「調理・加工・販売」の受講者のみ受講)
    実際に未処理のふぐを用いた処理方法等に関する実技講習

受講区分

  1. 販売
    未処理のふぐ(有毒部位が除去されていない「ふぐ」)の販売を行い、営業者及び登録者間の取引をする者
  2. 調理・加工・販売
    未処理のふぐ(有毒部位が除去されていない「ふぐ」)を調理し、または加工し販売する者

受講要件

受講区分と受講要件

受講区分 受講要件
販売

ふぐの取扱い施設において、次の1.又は2.に記載する者の監督の下で、ふぐの販売に関する経験がおおむね過去5年以内に2年以上ある者。
なお、ふぐの取扱い施設とは、本市の「ふぐの取扱いに関する指導要綱」第5の規定による届出を行ったふぐ販売等を行う施設を指す。

1.本市でふぐ取扱者の登録を受けた者
2.都道府県等のふぐの取扱いに関する条例に基づくふぐ調理師免許等を有する者又は都道府県知事等が実施するふぐ取扱い講習会等を受講した者。

調理・加工・販売

ふぐの取扱い施設において、次の1.又は2.に記載する者(ふぐの調理又は加工を行う者に限る。)の監督の下で、ふぐの販売に関する経験がおおむね過去5年以内に2年以上ある者。

1.本市でふぐ取扱者の登録を受けた者
2.都道府県等のふぐの取扱いに関する条例に基づくふぐ調理師免許等を有する者又は都道府県知事等が実施するふぐ取扱い講習会等を受講した者。

なお、1施設につき1名を原則とする。

 

受講手続

  1. 受講申込期間
    平成30年9月10日(月曜日)から平成30年10月12日(金曜日)までの午前8時30分から午後5時00分まで。
    ただし、土曜日、日曜日及び祝日を除く。
  2. 申請書提出先

    受講申請者が従事するふぐ取扱い施設の所在地を管轄する保健所支所。
    新規開業予定等により、現在施設がない場合は、受講申し込み者の所在地を管轄する保健所支所。

    ※宮城県でふぐを取り扱う場合(営業施設等が宮城県にある場合)は、申請書提出先は、宮城県の保健所(支所)となります。提出先の詳細は、宮城県食と暮らしの安全推進課(電話:022-211-2644)にご確認ください。
    宮城県ホームページ「ふぐ取扱者講習会の開催について」(外部サイトへリンク)

  3. 提出書類
    下記の提出書類はこちらからダウンロードできます。(仙台市ホームページ内「食品営業関係」ふぐ取扱者講習会受講申込書)

    (1)受講申請書
    ふぐ取扱者講習会受講申請書

    (2)受講に必要な要件を確認する書類
    ふぐ取扱業務従事証明書
仙台市保健所支所連絡先
  電話番号(代表) 所在地
青葉支所衛生課 022-225-7211

仙台市青葉区上杉一丁目5番1号6 6階

宮城野支所衛生課 022-291-2111 仙台市宮城野区五輪2-12-35 2階
若林支所衛生課 022-282-1111 仙台市若林区保春院前丁3-1 2階
太白支所衛生課 022-247-1111 仙台市太白区長町南3-1-15 3階
泉支所衛生課 022-372-1111 仙台市泉区泉中央2-1-1 東庁舎4階

※郵送による提出は認めません。窓口での提出をお願いします。

 

受講者の決定

受講申請者が多数の場合には、会場の都合により受講出来ない場合がありますが、受講の可否も含めて10月下旬に申請者あてに直接通知するとともに、申請書を受け付けた保健所支所からも申請者あてに電話連絡等を行います。
10月31日(水曜日)までに通知も連絡も無い場合には下記問い合わせ先までご連絡下さい。

その他

  1. 講習会当日準備物
    (1)受講者全員
    筆記用具、教材費(教本の代金:1,620円)
    ※講習に使用する教本は、「フグの衛生~安全な取扱いとフグの種類~(公益社団法人日本食品衛生協会発行)」を使用し、代金(税込み1,620円)は受講者の負担となります(講習会当日に販売予定です)。
    (2)受講区分「調理・加工・販売」の受講者
    実技用の割烹着等、前掛け、マスク、帽子、安全靴又は長靴、さらし2枚(60cm程度)、ふきん3枚、ふぐの処理に適した包丁(出刃包丁(荒用)、合出刃包丁(皮引き用)、あれば柳刃包丁)、ビニール袋(ふきん、さらしを入れる大きさのもの)
  2. ふぐ取扱者登録済票の交付
    講習会受講者(講習会修了者)には、後日、「ふぐの取扱いに関する指導要綱」第9に基づくふぐ取扱者登録済票を受講申請書を提出した保健所支所を通じて交付いたします。
  3. ※注他自治体で免許等を取得されている場合は、原則として講習会の受講が免除されます。

お問い合わせ

健康福祉局生活衛生課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8205

ファクス:022-211-1915