更新日:2020年6月3日

ここから本文です。

有毒植物に要注意!!

有毒植物による食中毒に注意しましょう

毎年、特に春先から初夏にかけて、全国では有毒植物による食中毒が多く発生しています。

有毒植物の毒は命に関わるものもあり、誤って食べた人が亡くなる事例も起きています。

食用と確実に判断できない植物については、「採らない」、「食べない」、「人にあげない」ようにしましょう。

注意するポイント

  • 山菜採りでは、よくわからない山菜は取らないようにしましょう。
  • 一本ずつ確認して採りましょう。
  • 家庭菜園では、植えた覚えのない植物は食べないようにしましよう。
  • 間違えやすい植物を(ニラ(食用)とスイセン(有毒)など)を一緒に植えないなど、間違いを防ぐようにしましょう。

有毒植物の詳しい説明は以下のページをご覧ください

山菜と有毒植物

全国の有毒植物による食中毒事例

全国の食中毒事例(令和2年4月20日現在)

発生年月日 発生場所 原因植物 概要 患者
令和2年1月31日 鹿児島県 グロリオサの球根(推定)

自宅で観賞用として栽培していたグロリオサの球根を、ヤマイモと誤認し喫食し、食中毒症状を呈した後、死亡した。

1名
令和2年4月1日 山形県 スイセン 所有する畑で観賞用として栽培していたスイセンの葉を、ニラと誤って喫食し、食中毒症状を呈した。 2名
令和2年4月9日 岩手県 スイセン 自宅敷地内で観賞用として栽培していたスイセンの葉を、ニラと誤って喫食し、食中毒症状を呈した。 3名
令和2年4月12日 金沢市 バイケイソウ ギボウシと誤認して採取したバイケイソウの葉(推定)を喫食し、食中毒症状を呈した。 5名
令和2年4月18日 広島県 スイセン(推定) 自宅敷地内で自生していたスイセンの葉を、ニラと誤って喫食し、食中毒症状を呈した。 2名

 

お問い合わせ

健康福祉局生活衛生課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8205

ファクス:022-211-1915