現在位置ホーム > くらしの情報 > くらしの安全・安心 > 食品・生活衛生 > 食品衛生 > 緊急・重要なお知らせ > 食中毒関連情報 > 【重要】腸管出血性大腸菌による食中毒に注意しましょう

更新日:2017年9月14日

ここから本文です。

【重要】腸管出血性大腸菌による食中毒に注意しましょう

腸管出血性大腸菌とは

  • 腸管出血性大腸菌は牛や羊などの動物の腸管内に生息し、糞便を介して食品や井戸水などが汚染されることがあります。
  • 腸管出血性大腸菌にはO157やO111、O26などの血清型があります。
  • 感染すると、激しい腹痛や下痢や血便などの症状がみられます。重症ではHUS(溶血性尿毒症症候群)を併発し、未成年者や高齢者では死亡することもあります。
  • 潜伏期間は平均4~8日間です。
  • 感染力が強く、少量の菌数でも発症することがあります。
  • 加熱(75℃で1分以上)で死滅します。
  • 感染していても、発症しない場合(無症状病原体保菌者)もあります。

感染経路

  • 腸管出血性大腸菌に汚染された食品(生や加熱不十分の肉など)や飲用水から感染する。
  • 腸管出血性大腸菌に汚染された食品を調理した器具類を介して別の食品を汚染(二次汚染)する。
  • 患者や無症状病原体保有者の便には大量の菌が含まれていることから、手洗いが不十分な場合に手を介して別の食品や器具を汚染(二次汚染)する。

次の点に注意して、食中毒を防止しましょう

  • 肉は十分に加熱(75℃1分以上)して食べましょう。肉の中心部まで色が白っぽく変わることが加熱の目安です。
  • 肉を焼くときは、専用の箸やトングを使用し、生肉に触れた箸で食事をしないようにしましょう。
  • 生野菜は十分に洗いましょう。
  • 調理器具や食品の二次汚染防止
    生肉の調理に使用した包丁やまな板は、水洗いだけでは殺菌されません。十分洗浄、消毒して使いましょう。
    家庭では、熱湯を包丁やまな板にかける熱湯消毒が便利です。
    冷蔵庫内では、生肉や生肉のドリップが他の食品に触れないよう容器に入れて保存しましょう。
    生で食べるサラダなどは、生肉を調理する前に作りましょう。
  • 調理や食事の前には十分に手を洗いましょう。

パンフレットダウンロード

肉による食中毒を予防するために方法等を掲載しています

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局生活衛生課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8205

ファクス:022-211-1915