現在位置ホーム > くらしの情報 > くらしの安全・安心 > 食品・生活衛生 > 食品衛生 > 緊急・重要なお知らせ > 食中毒関連情報 > 【重要】ノロウイルスを原因とする食中毒が流行っています

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

【重要】ノロウイルスを原因とする食中毒が流行っています

ノロウイルスとは

ノロウイルスは、特に冬場に流行し、ウイルスが体に入ってから24~48時間で発症します。感染すると嘔吐や腹痛、下痢といった胃腸症状を呈します。また、免疫は持続せず、何度でも感染するのが特徴です。
通常は1~2週間で回復しますが、幼児や高齢者では重症化する場合があるため注意が必要です。

感染するのはどんなときか

ノロウイルスに感染する経路は主に次のような場合があります。

【経路1】ノロウイルスに汚染された食品(かきを含む二枚貝など)を食べたとき
【経路2】調理する人などの手を経て、汚染された食品を食べたとき
【経路3】発症した人の下痢便や嘔吐物を処理したとき(処理が不十分だったとき)

次の点に注意して、食中毒を予防しましょう

  • トイレを利用した後や調理の際には石けんを使い、よく手を洗いましょう。2回洗いが効果的です。
  • 下痢や嘔吐の症状があるなど、体調が悪い場合は調理することを控えましょう。
  • 食品は中心部まで十分に加熱(85℃~90℃で90秒以上)しましょう。湯通し程度の不十分な加熱では、ウイルスの感染力は失われません。
  • 下痢便、嘔吐物等を処理する場合は、マスク、手袋を着用し、塩素系漂白剤を使用し、速やかに処理しましょう。塩素系漂白剤は200~1,000ppmとなるよう希釈して使用しましょう。

ノロウイルスの詳細についてはこちら(パンフレットのダウンロードが可能です)

お問い合わせ

健康福祉局生活衛生課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8205

ファクス:022-211-1915