更新日:2016年10月1日

ここから本文です。

衣類について

赤ちゃんの肌は、とても敏感です。新品の衣類を着せたりすると衣類に残っていた化学物質により皮膚の発疹やただれ等の皮膚障害が起こることがあります。乳幼児の衣類等は、ホルムアルデヒドなど化学物質について規制されています。
また、幼児、紳士、婦人用の下着など直接肌に接する衣類についても、規制されています。
皮膚に症状が起きた場合には、衣類の着用をやめると共に、症状が重い場合は専門病院で診察を受けて下さい。

対策

  • 新しい衣類は着用前に一度洗濯してから着るようにしましょう。
  • 赤ちゃん用品は、なるべく包装しているものを購入しましょう。
  • 新しい家具で、接着剤が使用されているものについては、接着剤に含まれているホルムアルデヒドに汚染される恐れがありますので、赤ちゃん用品を保管するときは、ビニール袋に入れて保管しましょう。

画像/ベビー服

関連リンク

お問い合わせ

健康福祉局生活衛生課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8206

ファクス:022-211-1915