現在位置
トップページ>
選挙管理委員会トップ>
選挙の知識>
選挙運動の基礎知識>
選挙運動の基礎知識インターネットを利用した選挙運動について

選挙運動の基礎知識インターネットを利用した選挙運動について

平成28年6月20日

インターネットを利用した選挙運動の概要

公職選挙法が改正され、インターネットを利用した選挙運動が解禁されました。
いつから?ポイントは?
有権者と候補者に違いはあるの?詳しく知りたい。

いつから解禁されたのですか?

平成25年7月4日公示、7月21日執行の第23回参議院議員通常選挙から適用され、その後実施される地方選挙にも適用されます。 

今回の法改正のポイントはどんなことですか?

1 ウェブサイト等を利用した選挙運動の解禁
候補者、政党等、有権者が、ウェブサイト等による選挙運動をすることができるようになりました。ホームページ、フェイスブック、ツイッター等による選挙運動がこれに分類されます。
なお、18歳未満は選挙運動をすることができません。

2 電子メールの利用
候補者、政党等が、電子メールにより選挙運動をすることができるようになりました。
なお、有権者は届いたメールを転送することはできませんので注意してください。

3 有料ネット広告
候補者や有権者は、これまで同様有料インターネット広告を掲載することができません。
政党等は、ウェブサイト等に直接リンクする有料広告を掲載することができます。

4 ネット利用による選挙期日後のあいさつ行為の解禁
候補者、政党等がウェブサイトや電子メールにより選挙期日後でも当落の挨拶行為をすることができるようになりました。

5 屋内の演説会場における映写の解禁等
屋内の演説会場において選挙運動のために行う映写が解禁されるとともに、同会場内における立札、看板の類の規格制限が撤廃されました。

細かな規定や付随する罰則等もありますが、以上が今回の法改正の大きな柱となっています。

※選挙運動とは ⇒ 特定の選挙について、特定の候補者の当選を目的として、投票を得又は得させるために直接又は間接に必要かつ有利な行為

※ウェブサイト等とは ⇒ ホームページ、ブログ、ツイッター、フェイスブック等のSNS、動画共有サービス、動画中継サイト等

インターネットを利用した選挙の仕組みの画像

※上記は総務省作成のチラシの一部を引用しています。

18歳未満の人はインターネットを使用した選挙運動ができますか?

年齢満18歳未満の方は、インターネットを使用した選挙運動も含め、選挙運動をすることができません。

18歳未満の方はこのようなことはできませんのでご注意ください

  • 自分で選挙運動用メッセージを掲示板やブログに書き込む
  • 他人の選挙運動の様子を動画サイトなどに投稿する
  • 他人の選挙運動メッセージをSNSなどで広める
  • 送られてきた選挙運動用電子メールを他人に転送(一般有権者も禁止) 

有権者と候補者では、インターネットを使用した選挙運動に違いがありますか?

公職選挙法改正後における、有権者と候補者・政党等のインターネットを利用した選挙運動・政治活動の可否は次の表のとおりです。

 できること/できないこと

 政党等

 候補者

有権者(候補者・政党等以外の者) 

 ウェブサイト等を用いた選挙運動

 

ホームページ、ブログ等

                              ○
※電子メールアドレスや返信用フォームURL等の表示義務あり。

SNS(フェイスブック、ツイッター等)
※メッセージ機能を含む。

政策動画のネット配信

政見放送のネット配信


※放送事業者の許諾があれば可。

 

電子メールを用いた選挙運動

 

選挙運動用電子メールの送信

×  

選挙運動用ビラ・ポスターを添付した電子ールの送信

送信された電子メールの転送

  ▲
※新たな送信者として、送信主体や送信先制限の要件を満たすことが必要。

× 

ウェブサイト上に掲載・選挙運動用電子メールに添付された選挙運動用ビラ・ポスターを紙に印刷して頒布(証紙なし)

  × 

ウェブサイト等や電子メールを用いた落選運動
※1


※電子メールアドレスや返信用フォームURL等の表示義務あり。 

ウェブサイト等や電子メールを用いた落選運動以外の政治活動 

有料インターネット広告

 

選挙運動用の広告

 ×

選挙運動用ウェブサイトに直接リンクする広告

× 

挨拶を目的とする広告

   ×

※1 本表でいう「落選運動」とは、単に特定の候補者(必ずしも1人の場合に限られない)の落選のみを図る活動を念頭においたものです。詳しくは下記総務省ホームページをご覧ください。


選挙管理委員会のトップページに戻る

インターネットを利用した選挙運動について詳しく知りたい

詳細については総務省のホームページをご覧ください。
総務省ホームページ(別ウインドウで開きます)

このページのトップへ戻る