現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 過去の市長記者会見 > 市長記者会見 2016年度(平成28年度) > 8月 > 交流促進協定締結10周年を記念して台南市を訪問します(発表内容)

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

交流促進協定締結10周年を記念して台南市を訪問します(発表内容)

平成28年8月9日

仙台市と台南市との交流促進協定の締結から今年で10周年を迎えることを記念して、市議会副議長とご一緒に、8月20日から台南市を訪問しますので、お知らせします。

台南市とは、市民レベルの交流の高まりを受けて、平成18年に観光や文化、スポーツ等の分野での交流促進に向けた協定を結び、関係を深めてきました。東日本大震災では、多額の寄付をはじめ、大きなご支援をいただきました。また、今年2月の台湾南部地震の際には、伊藤副市長がお見舞いのため台南を訪問させていただいたところです。

今回の訪問では、台南市で行われる協定締結10周年の記念イベントを視察しますほか、頼(らい)市長さんにお会いして、これまでのご支援に対する感謝の気持ちをあらためてお伝えし、両市の市民交流のさらなる促進などについて意見交換をしたいと考えています。

また、台南市の企業である奇美(ちーめい)グループには、震災以降、青少年交流事業として本市の高校生や大学生250名以上を台南に招待していただきました。こちらのグループにも訪問しまして、直接、お礼の気持ちをお伝えしたいと思っています。

このほか、訪問期間中には現地で、仙台観光国際協会が台南市の旅行業者の皆さまを対象とした観光セミナー等を実施しますので、私もごあいさつをさせていただく予定です。あわせて、東北観光推進機構が台北市で主催する東北観光プロモーション事業に参加し、本市や東北地方の魅力を台湾の皆さまにアピールする予定です。

震災を乗り越えて強まった台南市との絆が、今回の訪問をきっかけに一層確かなものになることを期待しています。また、両市のつながりをベースに、仙台・東北と台湾の間でのさらなる交流人口の拡大に向けて、私としても取り組んでまいりたいと考えています。

仙台市長 奥山恵美子

お問い合わせ