現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2017年度(平成29年度) > 11月 > 傷病者搬送中における救急車の交通事故の発生について

更新日:2017年11月15日

ここから本文です。

傷病者搬送中における救急車の交通事故の発生について

1 事案の概要

11月14日(火曜日)に太白区内の宿泊施設で発生した救急事案において、救急車が傷病者搬送中に交差点内で乗用車と衝突し走行不能となったため、別の救急車が出場し、病院への収容が約12分遅延したもの。

2 経過 

16時06分  119番入電(70歳代男性が宿泊施設の浴槽内に沈んでいるのを発見されたもの)
16時08分  長町救急1号車出場
16時10分  ドクターカー、太白1号車(ポンプ車)出場
16時18分  太白1号車現場到着(脱衣場で心肺停止状態を確認し蘇生処置を開始)
16時21分  長町救急1号車現場到着
16時28分  ドクターカー現場到着
16時35分  長町救急1号車に傷病者を収容し搬送開始
       (ドクターカー医師が長町救急隊に同乗し、救命処置を施しながら搬送)
16時48分  太白区長町五丁目交差点において事故発生
16時51分  指令課がステーション救急1号車へ出場指令
16時58分  ステーション救急1号車現場到着
17時00分  傷病者を引き継ぎ、ステーション救急1号車現場出発
17時04分  ステーション救急1号車、太白区内の医療機関に傷病者を収容
17時10分  医師より死亡確認

3 事故の内容

救急車が赤信号交差点を直進中、40歳代男性が運転する乗用車が救急車左前方助手席付近に衝突した反動で救急車がガードレールと接触し、走行不能となったもの。なお、事故原因については現在警察にて調査中である。

4 交通事故と死亡との因果関係

搬送医療機関の医師から、傷病者のご家族同席のもとで、交通事故の衝撃並びに搬送の遅れと傷病者の死亡との因果関係はない旨の説明を受けた。

5 再発防止策

今後、事故原因が明らかになる中で原因を踏まえた対策を検討し、隊員への周知徹底を図る。

6 その他

本事案により、長町救急1号車に搭乗していた40歳代、救急隊員1名が事故の衝撃で頭部打撲の負傷をしている。

お問い合わせ

消防局救急課

仙台市青葉区堤通雨宮町2-15

電話番号:022-234-1111

ファクス:022-234-0214