更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

新型インフルエンザワクチンの接種について(質疑応答)

(1)県内の市町村では角田市などが妊婦や子供への助成を行うということだが、仙台市では低所得者以外への助成をする予定はないのか

現在、低所得世帯の方々のみということで考えておりまして、それ以外の方々への拡大は予定しておりません。

(2)助成できない理由は

これまでのほかの予防接種等での支援のあり方に準じてということです。

(3)学校で流行しているが、今の状況をどう認識しているか

学校を中心にかなり流行していて、一時期、市内においてインフルエンザ注意報を出しましたが、今はそのレベルからは下回っている状況です。県内で仙台市以外の保健所管内に波及したのは仙台市より1カ月後となっています。

(4)懸念した事態とはなっていないのか

一番心配されたのは発症した方が受け入れの態勢が限られている夜間の急患センターなどに殺到して、パニックになるのではないかということです。一時期、混雑具合として、季節性インフルエンザの流行がかなり高い水準になったときと同じ位の混雑だと聞いていましたが、現状はややそれより沈静化か横ばいとなっていると聞いています。仙台市内では当初恐れたようなパニック状態は起きていないと認識しています。

(5)低所得者への助成は国の方針と同じか

国は低所得者世帯等となっていますが、最終的には自治体の判断ということでした。

(6)低所得者への支援は仙台市独自というわけではないのか

独自というほどオリジナリティがあるかというとそうではないかもしれませんが、生活保護世帯と市民税非課税世帯をあわせると仙台市内では約11万人の対象者がおりますので、そういう意味では決して少ない数ではないと思っています。

(7)国に準じた形ということか

そうです。

(8)ワクチン接種の費用はどこが負担するのか

〔保健医療課長〕

二分の一が国からの補助で、残りの二分の一の半分が県、半分が市という形になります。最終的には特別交付税として国から交付されることになります。

平成21年10月13日 仙台市長 奥山 恵美子

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921