更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

第4回仙台国際音楽コンクールの応募状況等について(質疑応答)

(1)前回のコンクールより応募者が100人ほど増えたとのことだが、その要因はどういったことが考えられるのか

一つには、このコンクールがこれまでに回数を重ねてきたことによって、優勝された方の国内外での活躍や、記念コンサートの実施など、アフターケアといいますか、羽ばたいていくための支援にも力を入れていますので、そのようなこともご理解いただくようになってきたことが考えられます。

また、今回ピアノ部門の予備審査での演奏曲は指定せず、任意の独奏曲でいいというように変えたと聞いていますので、そのようなことも応募者を広げた理由ではないかと審査員の先生から聞いています。

(2)6都市で行うオーディションの審査員はそれぞれ違うのか

〔文化振興課長〕

各部門3人の審査員で行いますが、審査委員長、副委員長につきましては同じ方にお努めいただき、なるべくオーディションの所在地に近接するところにお住まいの先生にお願いするということで行ってまいります。

(3)「国・地域別申込人数一覧表」で国・地域名が2つ書いてあるところがあるが、なぜか

〔文化振興課長〕

国・地域名は国籍ということで申し込みいただいていますので、国籍を2つお持ちのコンテスタントについては、このようにご自身で登録した表記にあわせています。

平成21年11月10日 仙台市長 奥山 恵美子

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921