現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 過去の市長記者会見 > 市長記者会見 2009年度(平成21年度) > 12月 > 泉区高森地区に埋設されている三叉路桝等の閉塞について(発表内容)

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

泉区高森地区に埋設されている三叉路桝等の閉塞について(発表内容)

9月15日に発生した高森地区の陥没事故から3カ月あまりを経過いたしました。その間、地域の皆様、市民の皆様には、大変なご迷惑とご心配をおかけしております。

本市といたしましては、陥没事故直後に事故調査委員会を設置し、陥没の原因究明に努めてきたところですが、昨日、第5回目の委員会で、事故原因についての見解が示され、また対応策についてもご助言をいただきました。

これらを踏まえまして、本日から25日までの予定で、三叉路桝等にコンクリート等を充填し閉塞(閉じふさぐ)する対応策を実施することにいたしました。これにより、今後、ため池の水が地下埋設管を通って下流に流れることはなくなると考えております。

陥没以来、住民の皆様には、大変なご心配をおかけしておりましたが、これでその一端は解消できるのではないかと思っております。

しかしながら、これをもってこの問題についての本市の対応が完了したわけではありません。今後も手を休めることなく、宅地の陥没箇所の調査や道路の復旧に全力で取り組んでまいります。もうしばらくの間ご迷惑をおかけいたしますが、地域の皆様、市民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

平成21年12月22日 仙台市長 奥山 恵美子

(資料)

  1. 泉区高森地区に埋設されている三叉路桝等の閉塞について

この発表内容に関する質疑応答

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921