更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

北六番丁小学校が平成21年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受賞(質疑応答)

(1)平成15年度からの取り組みが認められたとのことだが、環境教育は北六番丁小学校だけが力を入れているのか

市内小学校・中学校の環境教育については、全体として熱心に取り組んできているという実績があります。例えば、ごみ削減の問題や各小中学校にビオトープがあって、その観察活動を行っています。東六番丁小学校や吉成小学校、栗生小学校でもそうした活動が有名です。また市内の学校はエコの活動をして、それを備品に還元するということも盛んにやっていますので、そういった面ではどの学校も取り組んでいると思います。

北六番丁小学校の場合は学校の近くを流れている梅田川をフィールドとした環境学習に長年取り組んできたこともありますし、今回は高学年ではエコスクールを目指し、東北電力と連携してあかりをテーマにした学習を取り入れたり、東北学院大学の岩本先生の研究室と連携した活動に取り組みました。

今年度の新しい取り組みとしては、ゴーヤの種を全学年でまき、ゴーヤによる「緑のトンネル」作りをしました。各学年でそれぞれの学習課題に応じたテーマを展開したということと、外部からの協力も得ながら進めていったということが、総合的な進め方として評価されたのではないかと思います。

平成21年12月1日 仙台市長 奥山 恵美子

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921