現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 過去の市長記者会見 > 市長記者会見 2010年度(平成22年度) > 1月 > 仙台市食肉市場から初めて仙台牛が海外に輸出されます―マカオ向け牛肉輸出初出荷式を開催―(発表内容)

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

仙台市食肉市場から初めて仙台牛が海外に輸出されます―マカオ向け牛肉輸出初出荷式を開催―(発表内容)

昨年12月に発表しましたように、仙台市食肉市場が「対マカオ輸出食肉取扱施設」として認定され、仙台牛をマカオへ輸出する準備を進めてきたところでございますが、いよいよ初出荷できることとなりましたので、お知らせいたします。

仙台市食肉市場内で取り扱う牛肉が海外へ輸出されるのは、今回が初めてのこととなります。2月9日に食肉市場を輸送車で出て、成田空港から空輸され2月13日にマカオへ到着する予定となっております。

2月9日にはこれを記念して初出荷式を開催することとしておりまして、牛肉の輸入者であるマカオ冷凍食肉協会の梁(りょう)会長さんや牛肉の生産地の登米市長さんにもご出席いただけることとなっております。

昨年8月と10月には伊藤副市長をマカオに派遣し、梁(りょう)会長さんに仙台牛のPRをさせていただきましたが、今回は私からも、仙台牛や仙台黒毛和牛の取引拡大とブランド普及について、直接お願いしたいと考えております。

2月には香港の旅行会社が富裕層向けのグルメツアーを仙台・宮城で計画するなど、新たな動きも生まれてきているところでございますので、今回の仙台牛の輸出をきっかけといたしまして、マカオを拠点に「仙台」の名を広め、高級食材の輸出拡大や仙台・東北への観光誘客に一層努めてまいりたいと考えております。

仙台市長 奥山 恵美子