現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 過去の市長記者会見 > 市長記者会見 2010年度(平成22年度) > 5月 > 記者会見 「第4回仙台国際音楽コンクール」がいよいよ開幕します―公式プログラムが完成― > 記者会見(「第4回仙台国際音楽コンクール」がいよいよ開幕します―公式プログラムが完成―〔質疑応答〕)

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

記者会見(「第4回仙台国際音楽コンクール」がいよいよ開幕します―公式プログラムが完成―〔質疑応答〕)

(1)コンクールも今回で4回目を迎え、市長となって初めてのコンクールだが、感想を伺う

若い音楽家の方々が実際に協奏曲を経験するのが難しい状況の中で、それを経験し音楽の才能を発揮するコンテストとして4回目となったということは、いよいよコンクールとして成熟していく時期に入ってきたと思っていまして、私自身が直接担当するという意味からも改めて少し緊張しているところです。

私も市民局にいましたので「若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」の時代からこの催しにはかかわっていますので、特に深い思い入れのある事業です。

コンテスタントの方が仙台のコンクールに出てよかったと思っていただけるように、万全の体制を事務局と共に敷きながら、のびのびと活躍していただけるように取り組んでいきたいと思います。

(2)仙台は音楽の街でもあると思うが、改めて若い音楽家に対して期待することは

「学都」という仙台の伝統があり、若い人を応援するという気風にあふれている街だと思いますので、おそらく初めて日本に来る方、ましてや初めての仙台という方が多いと思いますが、のびのびと演奏していただければいいと思います。

そしてあの時、のびのびと演奏できたことが今の自分につながっていると、10年、15年後に振り返っていただけるようなコンクールであれば、こんなにうれしいことはないと思います。

(3)本選出場者で仙台市や宮城県出身者はいるのか

〔文化振興課長〕

ヴァイオリン部門で大崎市出身の方がいらっしゃいます。プログラムの52ページに載っている齋藤吟思さんが大崎市の出身と聞いています。

平成22年5月18日 仙台市長 奥山 恵美子

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921