現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 過去の市長記者会見 > 市長記者会見 2010年度(平成22年度) > 6月 > 記者会見 APEC仙台開催のオリジナルデザインが決まりました

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

記者会見 APEC仙台開催のオリジナルデザインが決まりました

今年9月に、APECの高級実務者会合が仙台で開催されますが、APEC仙台開催のPRのためのオリジナルデザインが決定しましたので、お知らせいたします。

これが、今回制作をいただきましたデザインです。これを今後使っていきたいと思っています。

お手元の資料にも書いていますが、デザインを制作してくださったケン・ヒコフさんは仙台市の出身で、今回ふるさとである仙台市でAPEC高級実務者会合が開かれることをお聞きになり、ご自分は長年デザインで仕事をしてきたので、何かふるさとに寄与するようなことをしたいとご連絡をいただきまして、私からもぜひともその気持ちを受けるような形で何かデザインをお願いできればというやり取りがあり、その結果、このような案をいただいたものです。

ケンさんのお話によりますと、このデザインは、新たな始まりをイメージし、全体的な形はケヤキの種、そしてモチーフの2枚のケヤキの葉は、SENDAIのアルファベットの頭文字「S」の上で、共に支え合いそして結びつくというイメージを表しているそうです。

本市といたしましては、仙台の魅力を集約したこのデザインを通して、ポスターやウェブサイトなどのさまざまな媒体に活用し、世界に向けて仙台を発信したいと思います。

APEC仙台開催を「新しいスタート」として、仙台の国際的知名度を高め、より一層の街の活性化につなげるための契機にすることができればと思います。

大変お忙しい中、ご好意により無償でこのデザインを制作してくださいましたケン・ヒコフさんには、深く感謝を申し上げたいと思います。

なお、9月のAPEC仙台開催に向けて、あさって7月1日には、「APECセミナー in 学都仙台」が開催されます。APECについてはもちろんのこと、仙台とアジア太平洋地域とのつながりなど、興味深いお話を聴くことができますので、市民の皆様には、ぜひご参加いただきたいと思います。

平成22年6月29日 仙台市長 奥山 恵美子

資料

  1. APEC仙台開催のオリジナルデザインが決まりました―仙台市出身のデザイナー、ケン・ヒコフ氏がデザイン―

この発表内容に関する質疑応答

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921