更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

記者会見(横浜市長と仙台市長によるトークイベントを開催します〔質疑応答〕)

(1)トークセッションではどういったメッセージを伝えようと考えているのか

林市長は私が知る限りでは高校を出てから勤められ、そこでの仕事は必ずしも自分がやりたい営業の第一線に出ることがすぐにはかないませんでした。そこで転職されて、いろいろなトライをしながら自分が望む仕事をし、そこで力を発揮しキャリアをアップしてきたと拝見しています。

私もメッセージとして伝えたいのは、チャレンジするということが、その後の道を開くので、やはりどこかで飛び込んでみるとか、結果が確かだからやるというのではなく、不確かな部分もありつつチャレンジしていくという、そのことが持つ意味を若い方に感じていただければうれしいと思います。

(2)市長のこれまでで一番のチャレンジは市長選に出たことか

そうですね。大きな質的な変化という意味では選挙に出るということは、私の中でも大きなチャレンジでした。

平成22年8月31日 仙台市長 奥山 恵美子

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921