現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 過去の市長記者会見 > 市長記者会見 2010年度(平成22年度) > 8月 > 記者会見 100歳以上の高齢者に係る戸籍調査に着手します

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

記者会見 100歳以上の高齢者に係る戸籍調査に着手します

昨今、全国各地の自治体において、「100歳を超える所在不明の高齢者の戸籍が残されている」という状況が相次いで報告されております。こうした事態を踏まえ、本市では、市内に本籍を有する100歳以上の方で、所在が不明となっている方を把握するため、全数調査を実施することとしましたので、お知らせいたします。

本市では、現在、平成24年9月を目指して戸籍の電算化に取り組んでおりますが、現状では戸籍を紙で管理しているため、100歳以上などの要件で対象者を抽出するには、33万5千件ほどの戸籍に記載されている約95万6千人すべてについて、手作業で確認しなければなりません。

こうした若干の困難はございますが、今回、所在不明の高齢者の戸籍が残っていることが相次いで発表されている事態は、市民の皆様の戸籍制度への信頼を揺るがす大きな問題であると判断し、このたび調査を指示いたしたものでございます。

なお、本市では政令市移行の際に、すべての戸籍を点検し、100歳以上の所在不明の高齢者の調査をしているところですが、その後の時間的な経過を踏まえ、今回改めて全数調査を行うものでございます。

調査手法等の詳細につきましては、現在、担当部局で早急に詰めているところでございます。

平成22年8月31日 仙台市長 奥山 恵美子

資料

  1. 100歳以上の高齢者に係る戸籍調査について

この発表内容に関する質疑応答

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921