更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

あすと長町に(仮称)ゼビオアリーナが立地することが決まりました(資料)

(担当)消防局救急課
(電話)022-234-1111

列車脱線事故や無差別殺傷事件等、多数傷病者の救急事故等が発生した場合に、災害時医療の知識・技術を有する医療機関から、医師・看護師等で構成する「救急活動支援医療チーム」が出場し、救急現場で救急隊・消防隊等と連携しながら、医療救護活動、トリアージ、医学的助言などの救急現場活動を行います。

救急活動支援医療チームの写真

救急活動支援医療チーム
ベスト・ヘルメット着装例

1 運用開始日

平成22年11月1日(月曜)

2 協力医療機関

  • (1)東北大学病院
  • (2)独立行政法人国立病院機構 仙台医療センター
  • (3)東北厚生年金病院

3 チーム編成

原則として医師1名、看護師等1名の計2名で編成

4 出場対象事案

複数の重症者(2名以上)又は多数の負傷者(概ね10名以上)が発生した事故等で、仙台市立病院の医師が同乗して出場するドクターカーのみでは救護活動が困難と、出場消防隊の現場最高指揮者が判断したもの。

5 支援医療チームの活動内容

(1)医療救護活動

傷病者への医療処置等

(2)トリアージ(選定)

傷病者搬送順位の選定等のための傷病者トリアージ

(3)医学的助言

救出活動時の医学的助言、搬送先医療機関選定への助言等

6 研修及び連携訓練

運用開始にあたり、医療チームと消防の連携等を確認するため、研修・訓練を行います。

  • (1)日時 平成22年10月27日(水曜)14時00分~16時00分
  • (2)場所 仙台市消防局(青葉区堤通雨宮町2番15号)
  • (3)内容 連携要領等の確認及び医療救護訓練等 14時00分~座学、15時00分~訓練

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921