更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

「港湾を考える全国集会」で意見発表します(資料)

(担当)都市整備局交通政策課
(電話)022-214-8342

平成22年度「港湾を考える全国集会」に市長が出席し、東北全体の国際物流拠点である仙台塩釜港の重要性等について意見を発表し、整備推進の必要性をアピールしてまいります。

1.集会の趣旨

全国の港湾関係者が一堂に会し、港湾の現状と課題を明らかにするとともに、各港の実情に応じて課題解決に向けた施策を具体化するため、政府及び与党等に働きかける活動の一環として開催するもの。

2.主催

港湾を考える全国集会実行委員会

(社)日本港湾協会、全国港湾知事協議会、全国市長会港湾都市協議会、日本港湾振興団体連合会の4団体で構成

3.日時

平成22年10月21日(木曜)午前11時~正午

4.会場

砂防会館別館1階大ホール(利根)

(東京都千代田区平河町2-7-5)

5.出席者

来賓:国土交通省政務三役(大臣、副大臣、政務官)、国会議員

主催団体及び支部連合会会員

計 約800名

6.集会の流れ

仙台市をはじめとする全国10都市の首長が、港湾整備振興に関する意見表明を行い、「今後の港湾整備・振興に関する要望書」を決議します。

7.その他

集会終了後、各県毎に地元選出国会議員に対し、要望活動を行う予定です。

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921