更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

健康増進センター見直しに関する市民説明会の開催について(質疑応答)

(1)説明会はこれだけではなく、納得が得られるまで何回か開く予定か

たぶん今回限りではないと思います。そこでお伺いしたいろいろなご意見に、当然こちらからご回答をしなければならないと思います。一回ではなくて複数回開催していくことになると思います。それが全体として何回になるのかはお話のやり取り次第だと思います。今の時点では何か想定があるわけではありませんが、いずれ複数回になると思います。

(2)行財政改革プラン2010では今年度中の見直しとなっているが、このスケジュールにあわせて行うのか

もちろんスケジュールは大事ですし、今私どもでスケジュールを延ばすとか延ばさないとか決めているものではありません。いずれにしても話し合いの中でのこととなりますので、そこは年度内の節目は意識しますが、率直なお話し合いということでスタートしていきたいと思います。

(3)説明会の結果によって方針が変わる可能性はあるのか

今回の定例会で予算についてお認めいただきましたので、今の時点で方針が変わるということを決めているわけではありません。予定する事業を進めたいという気持ちはあります。しかし、これもまた市民の皆様とのお話し合いの中でのことだろうと思っていますので、何が何でもこのスケジュールでということではなく、お話し合いを前提にと考えています。

(4)行財政改革の中でのプール廃止となるが、どのような経費が負担となっているのか

温水プールの経費は、人件費も含めて維持費トータルとしてのコストが負担であるということで、これまでもご説明してきました。

(5)利用している市民の中には人件費が高いから施設の維持が難しいのではないかという声があるが、いかがか

健康増進センターの運営主体が他の施設に比べて極端に高い人件費構造をとっているわけではありませんので、利用者数などといったいわゆる費用対効果の部分と受け止めていただければと思います。

仙台市長 奥山 恵美子

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921