現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 過去の市長記者会見 > 市長記者会見 2011年度(平成23年度) > 2月 > 仙台経済ステップアッププランをスタートさせます(発表内容)

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

仙台経済ステップアッププランをスタートさせます(発表内容)

新年度予算の編成とあわせまして、仙台経済の本格的な復興を成し遂げるための「仙台経済ステップアッププラン」を取りまとめ、スタートさせることとしましたので、お知らせいたします。

震災から1年を迎えようとしておりますが、本市経済は、復興需要や国内外からのさまざまな支援等に支えられ、全般的には回復基調にございます。一方で、復興需要の恩恵を享受しきれない分野や昨今の円高、依然として続く風評被害などにより、本市経済を取り巻く環境は不透明な状況が続いております。

現在の経済状況を決して一過性のものに終わらせることなく、中長期的な視点に立って、安定的成長へとつなげていくことが極めて重要と考えるものでございます。

このような認識のもと、平成24年度予算編成にあたりまして、震災復興計画に掲げる「仙台経済発展プロジェクト」を本格的に展開すべく、4つの合言葉と12のプロジェクトからなる、総事業費100億円規模の「仙台経済ステップアッププラン」を始動させることとしたものでございます。

プランの第一の合言葉は「事業拡大!!」でございます。「集中販路拡大プログラム」などにより、企業の販売拡大、競争力強化、あるいは復興需要に対応する新たな起業をサポートしてまいります。

2つ目の合言葉は「にぎわい創出!!」でございます。「東北復興交流パークプログラム」など4つのプログラムを推進し、商店街の振興や秋保・作並温泉への誘客を図るとともに、中長期的に経済活力の獲得が見込める国際コンベンションの誘致体制を強化するなど、東北の復興を牽引するにぎわいを創出してまいります。

3つ目の合言葉は「未来開拓!!」でございます。「農と食のフロンティアプログラム」など3つのプログラムを展開し、農業のイノベーションを進めるとともに、次世代エネルギー分野など、本市の持続的成長を牽引する新産業の創出してまいります。

最後の4つ目の合言葉は「足腰強化!!」でございます。「企業・農業再生プログラム」など3つのプログラムを実施し、震災からの「完全復旧」に向けて、企業と農業の再生を総合的にサポートするとともに、喫緊の課題であります雇用の拡大とミスマッチの解消を目指してまいります。

以上の施策を新年度予算の主要事業として位置づけ、本市一丸となって推進していくことによりまして、仙台経済の本格的な復興を早期に実現し、東北全体を力強く牽引してまいりたいと考えております。

仙台市長 奥山 恵美子

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921