更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

「100万人の七夕飾り」を実施します(発表資料)

(担当)経済局観光交流課
(直通)022-214-8260

本年の仙台七夕まつりは、「復興と鎮魂」をテーマにしており、笹竹に短冊を吊るして、祈りを込めるという、七夕の原点に立ち返り、「100万人の七夕飾り」を実施します。

市内の各区役所、市民センター等、地域の各所に笹竹を設置いたしますので、ぜひすべての市民の皆さまに、そこに自ら短冊をかけ、それぞれに震災復興への祈りや願いを託していただくようお願いします。

1.日程

8月6日(土曜)~8日(月曜)

(笹竹自体は、数日前より設置する予定です。)

2.笹竹設置場所

(1)一般市民用

各区役所・総合支所、市民センター、勾当台公園市民広場(仙台七夕まつり会場)、博物館、科学館、八木山動物公園など

(2)生徒・児童用

小・中学校、幼稚園、保育所、児童館

3.短冊用紙

市政だより8月1日号に併せ、各戸配布するほか、笹竹設置場所にも配置します。

他団体等の関連事業

  • (1)希望へ復興へ、折鶴8万羽(子供達8万人)の願い
    仙台市内190の小中学校の生徒が震災にあった宮城から東北の希望・復興への願いを込めて、一人一人が1羽ずつ丁寧に折りあげた折鶴で作った七夕飾りが藤崎一番町角に飾られます。(主催/仙台市教育委員会 共催/仙台市小・中学校長会、仙台市PTA協議会、仙台七夕まつり協賛会)
  • (2)想いをひとつにプロジェクト-県民230万人と全国の方々の想いを仙台七夕まつりへ
    復興への願いや支援への感謝の想いが込められた折鶴と短冊を募集し、JR仙台駅を含む市内中心部の主要会場で展示します。(主催/河北新報社)
  • (3)仙台七夕まつり 願い短冊~あなたの願いを込めて~
    専用サイトで、世界から短冊を募集し、多くの皆様からの復興への願いをWEB上で紹介します。(主催/仙台七夕まつり協賛会)