更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

仙台国際ハーフマラソン大会をリニューアルします―国内最高峰のハーフマラソン大会へ―(発表資料)

(担当)市民局スポーツ振興課
(電話)022-214-8800

仙台国際ハーフマラソン大会をリニューアルし、来年5月13日開催することを決定しましたので、お知らせいたします。この大会は、世界ハーフマラソンの代表選考レースという高い競技性を維持しつつ、参加者1万人という大規模なハーフマラソンに生まれ変わります。また、2km、5km部門を新設するとともに、これまで同様に車いすハーフマラソンも実施します。

1.名称

第22回仙台国際ハーフマラソン大会 兼 第20回世界ハーフマラソン選手権代表選考競技会

2.開催日

平成24年5月13日(日曜)

3.種目

ハーフマラソン(21.0975km)、5km、2km

ハーフマラソンは、(登録の部)/(一般の部)/(車いすの部)があります。

4.定員

  • (1)ハーフマラソン(登録の部)/1,500名(男子1,000名、女子500名)
  • (2)ハーフマラソン(一般の部)/8,500名
  • (3)ハーフマラソン(車いすの部)/100名
  • (4)5km/2,000名
  • (5)2km/500名

5.新たなコンセプト

国内最高峰のハーフマラソン大会に

参加規模、運営等において、国内トップを目指します。

幅広い参加者によるスポーツの振興

小学生からシニアまで誰でも気軽に参加できること、市民ボランティアの参画による「する」スポーツ、「ささえる」スポーツの振興を図ります。

都市の賑わい、地域経済等に寄与

仙台市を代表する景観や都心部を走るコース設定により、仙台の魅力を伝え、県内外からの集客を図り、ひいては地域経済等への波及に寄与します。

震災から復興する仙台

震災に際して全国から多くの支援を頂いた感謝を表し、復興している元気な仙台を国内外に発信します。

添付ファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ