更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

仙台七夕まつりについて(発表内容)

今年も仙台七夕まつりが、今週末の8月6日から3日間にわたり開催されます。5日には前夜祭として、七夕花火祭も予定されているのは、ご承知のとおりでございます。

今年は、震災の影響で「伊達な七夕宵まつり」の実施は見送らざるをえませんでしたが、「復興と鎮魂」をテーマに掲げ、震災の犠牲になられた方々へ祈りを捧げ、復興への誓いを新たにするお祭りとして、105万市民を挙げて開催してまいります。

本市といたしましても、「100万人の七夕飾り」と題して、市内各所に笹竹を設置し、市民の皆さまが復興への願いを込めた短冊を持ち寄り、飾っていただく取り組みを行っておりますので、ぜひたくさんの皆さまにご参加いただきたいと考えております。

運営につきましては、大きな余震の発生を想定し、交通規制図に最寄りの指定避難所を示して、情報提供を行うほか、先般の東北六魂祭における警備・誘導上の問題点を踏まえ、制服警備員を例年より約2割増やすなど、安心して七夕まつりをご覧いただけるよう万全の準備をしているところでございます。

また、暑いさなかの開催でございますので、熱中症対策としまして、東二番丁小学校の現地警戒本部に加え、市役所議会棟前に現地警戒副本部を新たに設置し、それぞれ救急車を1台ずつ待機させることとしております。

期間中、勾当台公園市民広場のステージにおきましては、例年ご参加いただいています姉妹都市徳島の阿波踊りをはじめ、京都祇園祭のお囃子や、福岡の博多どんたくなど、復興支援のために全国から応援に駆けつけていただけることとなっております。ぜひ多くのお客様においでいただいて、仙台伝統の七夕まつりをご堪能いただきたいと考えております。

仙台市長 奥山 恵美子

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921