現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 過去の市長記者会見 > 市長記者会見 2012年度(平成24年度) > 2月 > 応急手当を学ぶスマートフォン用アプリとeラーニング用ホームページを公開します(発表内容)

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

応急手当を学ぶスマートフォン用アプリとeラーニング用ホームページを公開します(発表内容)

応急手当の知識等の普及を図るため、本日から、応急手当について気軽に学べて、緊急時にも使えるスマートフォン用アプリケーションと、救命講習の事前学習や復習用として使えるホームページを公開する運びとなりましたので、お知らせいたします。

仙台市では、救命講習会の開催などを通じて、広く市民の方々への応急手当の普及に取り組んでいるところでございますが、高齢化の進展などにより、救急車の出場も増加しており、心肺停止といった重篤な傷病者が発生した場合には、現場に居合わせた方の応急手当が重要になってきております。

そこで、より多くの市民の皆さまに応急手当の知識等を身に付けていただけるよう、スマートフォン用アプリとホームページとを作成し、本日より、公開することとしたものでございます。

まず、スマートフォン用アプリでございますが、これは専用サイトからダウンロードしてご使用いただくもので、応急手当について、気軽に繰り返して学ぶことができます。実際に応急手当が必要な場面に遭遇した時に、119番通報や心肺蘇生法の流れを分かりやすくナビゲートしたり、市内でAEDを設置している場所をマップで確認できる機能が付いているのが特徴で、実践的なお役立ちアプリになっています。特に、スマートフォンに慣れ親しんでいる若い方々には、ぜひダウンロードしておくことをお勧めしたいと思います。

次に、eラーニング用ホームページですが、これは、ご自宅のパソコンなどで、動画を視聴しながら、応急手当の基本を身に付けられるもので、夜間や休日など、ご都合の良い時間にじっくり学ぶことができます。また、このホームページでの学習を修了しますと、消防署などで受講する普通救命講習の受講時間が短縮されるという仕組みになっております。

救える命をしっかり助けていくためには、初期の応急手当が極めて重要でございます。ご家族はじめ大切な方のいざという場合に備え、より多くの市民の皆さまに、これらを積極的にご活用いただき、応急手当を身に付けていただきたいと考えております。

仙台市長 奥山 恵美子

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921