現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 過去の市長記者会見 > 市長記者会見 2012年度(平成24年度) > 3月 > 復興特区仙台港背後地交流推進特区を申請します-水族館を実現し集客・交流関連業種を集積-(発表内容)

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

復興特区仙台港背後地交流推進特区を申請します-水族館を実現し集客・交流関連業種を集積-(発表内容)

このたび、復興特区制度を活用し、津波で被災しました仙台港背後地の一部を「仙台港背後地交流推進特区」として、国へ申請することとしましたので、お知らせいたします。

今回申請する特区は、仙台港背後地の高砂中央公園を復興産業集積区域に設定し、税制上の特例を適用することにより、水族館や、集客・交流の面で相乗効果のある関連業種の集積を図るものでございます。

この地域は、従来から商業施設が立地し、交通インフラの整備が進んでおりますが、集客・交流拠点としての魅力をさらに高めることで、震災で落ち込んでいる本市をはじめ被災沿岸地域の交流人口の回復・拡大につなげ、東北地方の集客・交流産業の復興に貢献してまいりたいと考えております。

本特区につきましては、明日開催します「仙台市復興推進協議会」においてご議論いただき、本年度内に国へ申請する予定です。

高砂中央公園における水族館の立地によりさまざまな効果が期待できると考えています。今回の申請で、水族館立地に向けた具体の一歩を踏み出すことになりますが、引き続き、その実現に向けて取り組んでまいりたいと考えております。

仙台市長 奥山 恵美子

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921