現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 過去の市長記者会見 > 市長記者会見 2012年度(平成24年度) > 4月 > 10月から敬老乗車証制度が変わります -新敬老乗車証制度の説明会を開催-(発表内容)

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

10月から敬老乗車証制度が変わります -新敬老乗車証制度の説明会を開催-(発表内容)

昨年の東日本大震災の影響により、1年間延期しておりました新しい敬老乗車証制度への移行につきまして、本年10月より実施いたしますので、制度の概要と説明会の開催についてお知らせいたします。

敬老乗車証制度は、70歳以上のご高齢の市民の皆さまの、さまざまな社会参加活動を支える、仙台市の高齢者施策の重要な柱の一つでございます。

この制度を将来とも安定的に運営していくため、すでに一昨年になりますが、受益と負担の適正化の観点から見直しを図り、審議会や市民の皆さまから多くのご意見等もいただきながら、市議会での議論を踏まえ、新たな制度へ移行することとしたものでございます。

新しい敬老乗車証は、5千円まで利用できるカード1種類のみとなり、カード1枚につき500円のご負担をいただくことになります。ただし、世帯全員の方々が市民税非課税の場合は250円のご負担となります。

また、年間の利用上限はカード24枚まで、すなわち金額で12万円分までとなっております。

交付方法や払い戻し方法なども変更になりますので、皆さまに新しい敬老乗車証の使い方を十分にご理解いただくため、説明会を開催してまいります。お手元の資料にございますように、5月15日から市民センターを中心に市内63カ所の会場で説明会を開催いたします。

皆さまには、新しい制度への移行ということで若干ご面倒をおかけすることになりますが、ご理解、ご協力をお願い申し上げます。今後とも、敬老乗車証を活用して元気に外出していただき、さまざまな社会参加活動などにも、多くの方に積極的に参加していただきたいと願っております。

仙台市長 奥山 恵美子

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921