現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 過去の市長記者会見 > 市長記者会見 2012年度(平成24年度) > 4月 > 仙台市復興交付金事業計画の第二次提出を行います(発表内容)

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

仙台市復興交付金事業計画の第二次提出を行います(発表内容)

このたび、「仙台市復興交付金事業計画」の第二次提出の内容を取りまとめましたので、お知らせいたします。

復興交付金は、「仙台市震災復興計画」に掲げる各種事業を推進するための財源の中心となるものであり、第一次の申請を1月末に行い、3月初めに交付可能額の通知をいただいたところでございますが、このたび、第二次申請分として事業計画がまとまりましたので、明後日4月4日に提出を行うものでございます。

内容は、お手元の資料のとおり19事業、事業費として1,152億円でございます。このうち、平成24年度分の交付金申請額は213億円で、基幹事業分168億円、効果促進事業分44億円となっております。

「防災集団移転促進事業」が最大の事業費となっているほか、「東部復興道路整備事業」として、盛り土構造での整備を予定している県道塩釜亘理線の整備事業などを盛り込んでいるところでございます。

国においては、各自治体からの提出内容を踏まえて引き続き協議を行い、5月中に交付額の決定がなされるものと伺っております。

また、第三次の提出は、現在の時点では6月末と見込まれておりますので、第一次、第二次以外のその他の事業の計画への掲載についても、鋭意検討を進めてまいりたいと考えております。

今回の復興交付金事業計画には、被災された方々の生活再建はもとより、未来を見据えた復興まちづくりの重要事業も多く含まれておりますので、復興交付金をしっかりと獲得し、復興への取り組みを本格化させてまいりたいと考えております。

仙台市長 奥山 恵美子

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921