更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

仙台市復興交付金事業計画の第三次提出を行います(質疑応答)

(1)今回復興交付金の申請額が前回、前々回と比べて大幅に減っているがなぜか。また、復興事業全体でこれまでの申請額は、どのくらいの割合まできているのか

一つは基幹事業として大きなものである防災集団移転事業や宅地復旧に関する事業、それから、大きい懸案だったかさ上げ道路、そういったものが前回までの間で事業を認めていただいています。今回の申請は、次年度まで含めて予算措置されている中に申請がまだであった追加の案件の部分とか、補足的なものになっていますので、過去2回に比べると金額的に大きく下回るのは、補足的な部分を対象にしているからだとご理解いただければと思います。

復興事業全体に対してこれで何割かというのは、まだちょっとそこまできちっとお出しできる段階ではありません。基幹的な大きなものについては、出していっていますので、かなり事業項目としては、仙台市の場合はより具体化しています。ただ、仙台港周辺の事業とかその辺はまだ残っていますので、また今後も大きな額の申請は場合によっては出てまいります。

仙台市長 奥山 恵美子

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921