更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

太白区緑ケ丘四丁目の一部区域を災害危険区域に指定します(質疑応答)

(1)緑ケ丘4丁目の当該地区における防災集団移転の対象世帯数と移転意向のある世帯数を伺う

〔南部宅地工事課長〕

全体の移転対象者の戸数としては、今84世帯となっています。その中で、集団移転先に移転する意向の方は、現時点で半数弱となっています。

(2)防災集団移転に向けた独自支援策について沿岸部との違いなどはあるか

〔南部宅地工事課長〕

6月の説明会の中では、防災集団移転促進事業の国の制度については、建物の移転料も含めて適用することを説明しています。今週の土曜日11日にも説明会を開催します。その中でいろいろ説明を行いますが、東部と同じような独自支援の部分についても適用していく説明を予定しています。

(3)借地料の免除も適用されるのか

そうです。ただ具体的に借地料免除の対象になる方が、緑ケ丘の場合どのくらいいらっしゃるかとなると、借地そのものを必要とされる方よりも、現時点では、高齢の方も多いこともあるのでしょうが、復興公営住宅のご希望が多いということです。基本的には借地料免除も、まとまれば対象にしていくことになります。まだ、もう少しご要望を聞いてみた上での話となりますが、数としてはかなり少なくなるのではないかと予想しています。ただ、適用はしてまいります。

(4)東日本大震災による防災集団移転は、内陸部では初めてになるのか

〔南部宅地工事課長〕

内陸部での防災集団移転促進事業は、被災3県の中では初めてになると思います。災害危険区域指定についても初めてと認識しています。

仙台市長 奥山 恵美子

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921