更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

年頭所感(質疑応答)

(1)今年の抱負について伺う

大きくは復興の仕上げに向けて駆け上がるという感じが今年の一番のテーマだと思います。そして、同時にわれわれが取り組んできた震災への対応、これを世界に向けて発信する国連防災世界会議がもう1年2カ月後に開催ですから、それに向けても全力で投球していく、この二つが大きな今年の目標だと、私は受け止めています。

(2)昨年は復興の土台作りを行い、今年は仕上げに向けての年ということになるのか

具体的にものが見えてくる年、例えば復興住宅であれば、昨年は募集をするということで、ある程度自分の手元に近づいてきたなと感じていただけたと思いますが、今年はいよいよそこに入っていただくということで、具体のものが見えてくることになると思います。

現地再建している方からも、安心して現地で暮らすためには、避難施設が重要だというお話を、ずっとこの間、いただいています。われわれも避難道路に取りかかっており、去年は用地買収とかいろいろ進んではいますが、これがまた形として見えないというところがありましたので、ぜひ今年は工事を着工して、海岸のがれき処理で使った土を使うなどいろいろな形で、形が具現化するということを今年の大きな手ごたえとしてご提供していきたいと思います。

(3)訓示の中で復興について「きめ細やかさ、丁寧さを」と話していたが、具体的にどう実践していくのか

復興公営住宅や宅地の造成も進んでいる中で、そういったものから取り残される人がないようにしていかなければなりません。生活再建ができるためには、力のある方ができるのはもちろんですが、さまざまな健康上のハンディ、経済的なハンディ、そうしたものがある方がいらっしゃることは事実ですので、そうした方の再建も含めて丁寧にやっていく必要があるということです。

これから進める蒲生の土地区画整理事業などは、多くの方の財産も含めた課題に直接的にタッチするものですので、これは極めて丁寧にその考え方を折を尽くしてお話し合いを重ねていかないと、不十分な理解のままでは、必ず途中で大きな問題になってきますので、そういったことも含めて対応していきたいと思います。

(4)今年の意気込みを四字熟語や一文字で表すとどうなるか

字ということでは、午(うま)年ということではないですが、「駆ける」という、「駆」の字です。文字のイメージとしては、そうかと思います。

ただ、先ほどの訓示の時もお話ししましたが、駆けるといっても全力疾走で駆けるわけではなく、一定の速度でもって、しかし着実に仙台市という組織がフルパワーを出しながら巡航速度を高めていく、そういうイメージでこれからの2年を捉えています。

仙台市長 奥山 恵美子

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921