現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 過去の市長記者会見 > 市長記者会見 2014年度(平成26年度) > 2月 > 「第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(一般公開事業)」の内容がまとまりました(発表内容)

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

「第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(一般公開事業)」の内容がまとまりました(発表内容)

あと1月半に迫りました、第3回国連防災世界会議のパブリック・フォーラムの内容がまとまりましたので、お知らせいたします。

パブリック・フォーラムは、国際機関やNGOなど国内外の多様な主体による防災や減災、復興に関する取り組みを一般公開により広く発信するものであり、会議期間中の3月14日から18日の間、仙台市内のほか、東北各県の会場におきまして、350以上のシンポジウムやセミナー、また展示などが行われる予定です。これは前回、平成17年に兵庫で開催された第2回の会議を大幅に上回る規模となっています。

今回のパブリック・フォーラムの盛り上がりは、東日本大震災の経験を受けて防災減災への関心がこれまで以上に高まってきていることや、国内外において、政府や自治体だけではなく、市民団体や大学、企業など民間レベルによるさまざまな取り組みが進んできていることなどの表われであると感じております。

パブリック・フォーラムは、災害に関するさまざまな知見や先駆的な事例に触れるとともに、「防災・減災」をテーマに海外の方々と交流する絶好の機会でもあると考えています。事業を一覧できるガイドブックを作成しましたので、ご活用いただければ幸いです。事前の申し込みが必要な事業もありますので、各主催団体にご確認いただければと思います。

一般参加が可能な催しがこれだけたくさんございますので、ご自分の興味関心に合うものが必ずや見つかると思います。会議期間中はぜひ、多くの市民の皆さまにそれぞれの会場に足をお運びいただき、あらためて防災や復興について考える5日間にしていただきたいと考えております。

仙台市長 奥山恵美子

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921