更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

大規模な国際会議等の誘致に向けた新たな助成制度を創設します(質疑応答)

(1)制度新設によって期待する効果は。また他政令市の状況はどうなっているのか

国際コンベンションの開催都市になるのは激戦になっています。これは世界的にいろいろな国々とも競争しなくてはいけない。そうした中で、立地や宿泊設備、施設の水準などももちろん大きな要素ですが、一方で、開催経費の負担も競争条件だったということを、われわれは大変痛切に感じています。これまでの仙台の会議助成は、国内外を問わず大規模なもの、国際学術会議は学術会議としての一定の金額ということで、どちらも大型国際コンベンションを誘致するにはやや力不足、玉不足であった面は否めません。そこで今回、国内では高い水準へ焦点を合わせた制度をつくることによって、より競争条件を高め、仙台に誘致できる件数を増やすという狙いです。

他都市の状況は、私が知る限りでは一番高いのは東京都です。開催人数など細かい条件が違いますが、支援額が上限2000万円と伺っています。また、千葉県と千葉市とを組み合わせて利用できる制度があり、2000万円です。それから、横浜市は1000万円。われわれと同じです。神戸市は財団があり、財団と神戸市を併用することによって1500万円など、いくつかタイプの違う支援があります。

(2)全国の情勢を見てこの制度にしたという判断か

仙台市として、今できる形としてはこの形だと思っています。

(3)仙台市で震災以後に開催された会議で、この制度に該当する会議はあったか

〔国際プロモーション課主幹〕

従前ですと、仙台国際センターの展示棟がオープンしていませんので、対象となる案件はありませんでした。

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921