更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

新年度最初の会見に当たって(質疑応答)

(1)まちづくり政策局の重点施策は何か

まずは地域の持つ脆弱性といった課題です。例えば買い物弱者がいらっしゃるような地域とか、条例で制定された空き家対策の実効性の担保、また、マナーの悪い自転車走行の問題などがあります。震災で、どうしても地域的にも不安定なものがあったり、地域として震災対応に目が向く中で、日常的な啓発事業に十分に時間を割くことができなかったと思います。地域の高齢化や人口減少が地域課題に出てきている部分をしっかりと洗い出しして、それによって今後地域が住みにくくなることのないように、今から備えておくために何をすべきかということです。例えば地域のマンパワーの新しいリクルートの問題であるとか、そういったことを少し集中的に長期的なスパンの視野の中で考えたいと思っています。

具体的には今年度に、まずは地域の一番の基礎団体である町内会に対しての全数アンケート調査を実施する予定です。それらを基に、今後の町内会としての地域活動の可能性や課題、または仙台市として何をなすべきなどを考えていきたいと思っています。

(2)町内会へのアンケート実施後の成果としては何を考えているか

町内会の活動というのは、実に多岐多様であり、義務付けがあるわけではないので、非常に幅広く活動しているところから、活動がかなり停滞しているところもあると認識しています。

したがって、現状の町内会がどの程度の活動ができているのか、もしできてない町内会があるとすれば、どこにそういう課題があるのか、今後そういう町内会で地域としての融和であるとか、活動力を保持するためにはどういうことができればいいのか、そういったことの基礎調査にしたいと思っています。

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921