更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

泉岳自然ふれあい館が開館します(質疑応答)

(1)開館を迎えた所感を伺う

仙台市民にとってふるさとの山というべき、泉ケ岳というシンボリックな山の自然を堪能していただくため、震災前から、老朽化した施設の建て替えを進めるということが決定していました。震災によっての中断、そしてまた、昨年は開館間近になっての火災の発生で、市民の皆さまには二重の意味でのお待たせをすることになってしまいました。

今回ようやく、お待ちかねいただいた施設をオープンできることは、私としても本当に感慨深いものがあります。ちょうど夏山のシーズン前にオープンすることができますので、ぜひ今年の夏を、ふるさとの山、泉ケ岳の自然を堪能して、親子で楽しんでいただければ大変うれしいと思っています。

(2)施設の防災対策について伺う

現時点で、耐火設備も十分に整っています。建築途上でしたので、あのような大きな火災になりましたが、火災警報や、耐火の構造物として十分な設備を整えています。また、安全管理についても、警報の設置も済んでいますので、安心してご利用いただけるように準備を進めています。

(3)火災の原因について進展はあったか。また、総工費はいくらになったのか

具体的な捜査の状況については、特段新しい報告は受けていません。ただ、警察で引き続き捜査中であるとは消防からも聞いています。

総工費については、保険でおりた部分、事業者とわれわれの間で協議の上、負担しあった部分、また、工事期間が延びたことによって資材費の高騰という問題がダイレクトに反映した部分があります。

〔生涯学習課長〕

火災による損害については、保険により補填された部分と本市として新たに負担した部分があります。最終的には追加費用として約3億7千万円となっています。当初約40億と見込んでいた経費に、この経費が追加されるので、最終的に総工費は約44億円と見込んでいます。ただし、工事がまだ継続中ですので、最終的な金額は確定していません。

(4)3億7千万円は仙台市の負担分ということか

〔生涯学習課長〕

そうです。仙台市の負担分として、3億7千万円追加になったということです。

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921