更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

県内被災市町への職員派遣を拡充します-28年度は9市町1団体、30名を派遣-(質疑応答)

(1)石巻市に派遣される保健師2名の業務内容などは決まっているのか

〔参事兼人事課長〕

石巻市に派遣される保健師2名の配置先は、健康部健康推進課で、業務内容は仮設住宅に入居されている方々の健康支援を行うと伺っています。

(2)どんなニーズがあり、保健師を派遣するのか

いろいろお話を伺う中で、仮設住宅の入居が長期化していることに伴って、入居されている方々の心のケアも含めた健康状態を心配されるお声が石巻市にありました。私どもでは仮設住宅の入居者は、ピークを過ぎて集約の方向に移っていますので、これまでの仙台市での経験を石巻市の方の健康対策に生かせればということで、今回派遣を勧めることになりました。

(3)今回派遣される保健師2名は、そういった業務をしていたのか

〔参事兼人事課長〕

現在、この2名は区役所で仮設住宅に入居している方のメンタル面での健康支援ということで、実際に訪問支援を行っている職員です。

(4)新たな派遣先として山元町が増えたが、要望があったのか

山元町からは、常磐線の駅の大きな被災も含めて、新たなまちづくりを行うに際して区画整理事業などを行っているが、その経験のある職員がいないので非常に苦慮しているということがありました。県ともご相談の上、山元町を今回新たに派遣対象に加えさせていただいたということです。

(5)山元町の派遣職員は、2名とも技術職員か

〔参事兼人事課長〕

2名とも建築職です。

(6)派遣される職員の年齢はどのくらいか

〔参事兼人事課長〕

平均は38.6歳です。仙台市においては中堅職員です。最年少が23歳、最年長が57歳です。

(7)男女両方いるのか

〔参事兼人事課長〕

保健師2名が女性です。それ以外は男性です。

(8)今年派遣される30名は、全員が初めて派遣される職員か

〔参事兼人事課長〕

基本は1年の派遣を予定していましたが、本人たちの意向により、28名のうち15名が継続となりました。残り15名が新規で、あわせて30名の体制になります。

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921