現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 過去の市長記者会見 > 市長記者会見 2015年度(平成27年度) > 6月 > 平成27年第2回定例会に提出する議案について(発表内容)

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

平成27年第2回定例会に提出する議案について(発表内容)

平成27年第2回定例会に提出する議案について、お知らせします。

招集日は、6月11日(木曜)です。

議案の件数は、条例案件が9件、人事案件が1件、その他案件が8件、補正予算が1件、合計19件です。

はじめに、主な条例案件についてご説明します。資料1をご覧ください。

まず、「1 仙台市協働によるまちづくりの推進に関する条例」ですが、これは、協働の基本理念、基本方針等を定めるとともに、仙台市協働まちづくり推進委員会を設置するなどのため、「仙台市市民公益活動の促進に関する条例」の全部を改正する形であらためて提案するものです。

次に「2 仙台市個人情報保護条例の一部を改正する条例」ですが、これは、いわゆる「マイナンバー法」の制定を考慮し、個人番号をその内容に含む個人情報の取り扱いに関し、必要な事項を定めるものです。

次に「3 市長等の給与に関する条例の一部を改正する条例」ですが、これは、本年7月から9月までの間における市長および副市長の給料月額を、市長は20パーセント、副市長は10パーセント、それぞれ減額するものです。

次に「4 仙台市手数料条例の一部を改正する条例」です。これも、「マイナンバー法」の制定により、本年10月から個人番号の通知カードが、また来年1月からは、希望者に対して個人番号カードの交付が開始されることから、これらのカードの紛失等に伴う再交付手数料を定めるなどのものです。

次に、「7 仙台市営住宅条例の一部を改正する条例」です。これは、復興公営住宅として、霊屋下第二市営住宅など13の市営住宅を設置するなどのものです。

続きまして、補正予算案について、概要をまとめた資料2-1に基づきご説明します。

今回の補正は、一般会計において4億1千3百万円の増額等の補正を行うこととしています。
主な補正項目ですが、市民費では、社会保障・税番号制度に係る個人番号カード発行事務等の経費を追加しています。

また、経済費では、商店街振興組合が実施するアーケード整備に対する補助金を、災害復旧費では、被災した消防ヘリポートの代替施設となるヘリコプター活動拠点整備に係る予算を計上しています。

仙台市長 奥山恵美子