更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

「2016 G7仙台財務大臣・中央銀行総裁会議推進協力委員会」を設立します(質疑応答)

(1)市長が委員長になるのか

当日にお諮りする運営の規約によって定めます。現時点では、私が務めさせていただくことを考えています。

(2)官と民の連携により、どんなことができると考えるか

一つは、おもてなしの質の向上があると思います。官民挙げて、このまちとして、この会議を盛り上げていく、頑張っていくという気持ちが、まち全体から感じられる取り組みにしていきたいと思っています。そのためには、多くの民間の方のお力が必要だと考えています。

もう一点は、仙台・東北のさらなる魅力の発信も、この機会を捉えての私どもの大きな役割と思っています。そうした魅力の発信については、官の側からよりも、民の側から発信していただくことで、より身近で、より現地に則したPRができると思っています。

(3)仙台で開催される意義を伺う

日本で行われる関連閣僚会合はいくつかありますが、この財務大臣・中央銀行総裁会合は、大変重みのある関連閣僚会合だと思っています。そういう重要な会議を仙台で開催することによって、仙台がそれだけ国際的なレベルの高い会議を引き受けることのできる都市であることが認めていただけると思います。

そもそも仙台という地名そのものが、海外において、まだ日本の他都市に比べてそんなに知名度が高くはない状況で、知名度が上がることも大きなポイントだと思います。そして、難しい会合をこなすことによって、われわれ自身に警備面やノウハウが蓄積されてくる、その効果も見逃せないと思っています。

(4)仙台育英高校が甲子園決勝に出た場合、設立総会と日程が重なる。推進協力委員会の顧問である知事は、応援に行くと表明していたがいかがか

こちらの会合も、従前から日程調整をして、多くの関係の方が「この日なら」と設定した日程ですので、動かすのは難しいと思います。また一方で、地元の育英高校が決勝まで進むことは、大変素晴らしいことです。

知事としても、気持ちは公務もあり、宮城県の代表としての応援もあり、両方苦しい中で、野球も大事だと、何十年に一回の機会に自分でも直接現地で応援したい、というお気持ちだろうと思います。応援に懸ける想いは、われわれも同じです。私としては委員会の主催者ですので、こちらの会議を十分果たしていきたいと思いますが、知事が応援に行かれる機会があれば、これもまた二重の意味で素晴らしいことだと思います。

(5)仙台の魅力をアピールとのことだが、官民連携で具体的にどんなことを行うのか

PRにつながる、おもてなしの機会が作れるかどうか、主催する財務省と、これから具体に詰めていかなければいけないと思います。

また、この会合の趣旨は、国連防災世界会議以上に専門的なレベルの話で、必ずしも市民生活や県民の皆さんにとってなじみやすいものではないので、この会議がこれまでどういう趣旨で、どんな役割で行われてきたかなどのPRも、いろいろな形でできればと思っています。

(6)風評の払拭(ふっしょく)とのことだが、現状どの程度残っていると考えるか

震災から5年ということで、震災直後よりは、はるかに世界的な理解も深まりつつあると思います。ただ、これだけ日本全体で観光客が増加している中で、東北地方に来る割合がまだ震災前に戻っていないのは、何らかの目には見えない風評といったものも影響しているのではないかと私自身思っています。来ていただくことに対する積極的なPRが求められていると感じています。

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921