更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

八木山動物公園で対州馬の子馬が初めて誕生しました(発表資料)

(担当)建設局八木山動物公園
(電話)022-229-0122

八木山動物公園では、希少種を飼育・展示するだけでなく、その繁殖にも取り組んでおり、これまでもスマトラトラやレッサーパンダの繁殖に成功してきております。このたび、この取り組みの一つとして、希少な在来馬である対州馬に子馬が生まれました。

子馬は、7月6日より一般公開の予定です。一般公開に合わせ、愛称募集も行います。

1 生まれた子馬(1頭)

対州馬の様子
対州馬の子馬(6月22日撮影)

  • (1)生年月日 平成28年6月20日(月曜)
  • (2)性別 オス
  • (3)体長・体重 56cm・29kg(6月22日測定時)

2 一般公開

  • (1)公開日 7月6日(水曜)9時から
  • (2)場所 対州馬展示場

3 愛称募集

  • (1)募集期間 7月6日(水曜)~31日(日曜)
  • (2)応募方法 対州馬展示場に備え付けの応募用紙に記入して、応募箱に投函(とうかん)してください。
  • (3)愛称決定 募集期間終了後に愛称を決定し、命名式を行います。

4 両親

  • (1)父親 あさひ
    平成24年5月14日生まれ(4歳)
    平成26年12月 長崎県対馬市目保呂ダム馬事公園より来園
  • (2)母親 和海(なごみ)
    平成22年6月9日生まれ(6歳)
    平成25年3月 長崎県対馬市目保呂ダム馬事公園より来園

5 対州馬の現状、八木山動物公園での取り組み

長崎県の対馬を中心に飼養されてきた対州馬は、その山道の多い地形において、農耕や木材・日用品の運搬に使用され、人々の暮らしに欠かせない存在でした。しかし、農業人口の減少・自動車の普及などにより、昭和40年の約1,200頭から平成27年度には約40頭まで激減しています。

対州馬はその数が減少したことから、対馬以外で飼育されることが少なく、公益社団法人日本動物園水族館協会に加盟している施設では、八木山動物公園を含む3施設で7頭のみが飼育されています(平成27年12月31日現在)。

八木山動物公園では、昭和49年から対州馬を飼育展示しておりました。この間、対州馬の頭数が減少してきたことから平成26年に繁殖に取り組み、今回、国内の動物園で2例目、八木山動物公園としては初めて繁殖に成功しました。

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921