更新日:2017年4月18日

ここから本文です。

ひきこもり講演会のご案内

身近な方がひきこもったとき、ひきこもっている方に出会ったとき、周囲はどのように接していけばよいのでしょうか。関わり方がわからないとまどいから、はれものに触るような対応をしたり、先回りして動いたりすると、お互いにきゅうくつな関係になってしまいます。
今回は、ひきこもりに悩むたくさんの方々と出会って来られた田中先生をお招きし、ひきこもりの方と関係性を育んでいくために大切なことについて、わかりやすくお話をしていただきます。

テーマ・講師

「とまった“とき”を動かすためにー関係性の視点からー」
学習院大学文学部心理学科 教授 田中 千穂子 氏

日時

平成29年5月13日(土曜日)13時半~15時半(開場 13時)

会場

日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)交流ホール

  • お越しの際は、公共交通機関をご利用ください。
  • バスをご利用の場合:市営バス バス停「旭ヶ丘駅」 下車 徒歩2分
  • 地下鉄をご利用の場合:市営地下鉄南北線 「旭ヶ丘駅」 下車 東1番出口より 徒歩3分

定員

200名(先着順)
事前申し込みは不要です。
満席の場合はご入場をお断りすることもございます。お早目にお越しください。

その他

入場は無料です。
講演会チラシ(PDF:532KB)をご参照ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局精神保健福祉総合センター

仙台市宮城野区幸町3丁目12番1号

電話番号:022-265-2191

ファクス:022-352-3906